彼氏持ちの仲の良い女友達に筆おろししてもらった - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 童貞友達いちゃいちゃ

彼氏持ちの仲の良い女友達に筆おろししてもらった

では、続いて思春期の頃の話。
中学3年生の時に、たまたまめちゃくちゃ仲良しになった同級生の子がいた。

その女友達は選択授業で隣だった子で、音楽の話で意気投合して仲良くなった。
彼女とは帰る方向が同じなこともあって、学校帰りや休日でも会うようになり、
暇ができては遊ぶような仲になっていった。

その女友達は千夏と言い、目鼻立ちがすっきりしていて可愛く、はっきりいって俺のタイプ。
しかし、千夏には中学生ながら彼氏がいることもあって、俺は友達としてしか見ていなかった。
いや、今思えば好きになる気持ちを無理やりにでも封印していたのかもしれないが。
そして別々の高校に進学した後も、たまに会ったりしてギターなどを一緒に演奏したりしていた。
もちろん音楽だけでなく、恋話や暴露話、H話などもしていた。

ちなみに、高校生になった今でも、千夏には中学の時とは違う彼氏がいた。
俺は相変わらず彼女はいなく、童貞だった。

いつものように千夏とメールで遊ぼうと約束して、俺の家にやってきた。
さすがに友達といえど年頃の女の子を部屋に入れるのは抵抗があったので、
俺の家で遊ぶときは親がいないときに来てもらうようにしていた。

いつものようにギターを使ってセッションしてあーだこーだいって騒いでいた。
たしかあの時はGLAYの曲をやっていたのを覚えている。
そして2時間ぐらい演奏してたら千夏が、
「ずっと弾いてたから指疲れてきちゃった」といい、
ギターを置いて立ち上がり伸びをした。

その時千夏が何かを見つけた。
「え~、なにこれww」
そういう千夏の指差す机の上には俺がこの前購入したエロビデがちょこんとあった。

昨日見たまま隠すの忘れてた・・。

ヒメカノ ダウンロード販売

一瞬青ざめたが、(H話もしてるし別に問題ないだろう)と思い、変な言い訳するより開き直ることにした。
「俺のだよ、この前買ったんだ」
「へ~(パッケージを見る)・・えろ~いwwwねぇ、これどんな内容なの?w」
千夏はアダルトビデオに興味津々だ。

「えー、普通のやつだよ?」
「ふ~ん、ねね、これ見ようよ!」
「まじで?」
「まじまじww一回こういうの見たかったんだ」
「・・まー、いいけどさ」
冷静を装いつつも俺は喜んでいた。
女の子と一緒に見るエロビデほど興奮するシチュエーションはないだろう。

しかし、千夏はあくまで友達だ、理性を失って襲ってしまったら・・
なんて思いつつもビデオを電源ONにして見る気まんまんの俺だった。

このときすでに俺のチ〇ポは重力に逆らっていた。
ここでおれは、エロビデをセットし、
巻き戻しをするのを忘れて再生ボタンを押してしまった。

つまり前回のフィニッシュポイントから始まったのだ。

いきなり騎上位で女がアンアンいってる様がブラウン管に映る。
「っていきなりじゃんw」
「巻き戻しするの忘れてたww最初から見る?」
「いんや、このままで・・」
すでにスイッチが入っていたのか、あまい声だった。

「へ~すごいね~///ていうかこの女優声だしすぎじゃない?」
「たしかにw俺も思ったw」
そういう感じでいろいろ会話をしていたが
そのうち会話は途絶えていき、画面の向こうの女のHな声だけが部屋中に響き渡った。

20分ぐらいたっただろうか?
アダルトビデオをいよいよクライマックス。
男優が女優に顔射するシーンだ。
「いいね、こういうの結構好き」
とろんとした目でそう言う千夏に俺は興奮して何も言えなかった。
エロビデも終了した。

「なかなかよかったね~」
「いいっしょ、結構お気に入りの作品w」
「お気に入りなんやwあ、もしかしてたっちゃったりする?」
「お、おう、びんびんだぜ」
さすがにこのセリフを言うのは恥ずかしかった。

「まじで~」
そう言って千夏がなんと俺の股に手を伸ばしてきた。
「え!?なになに?」
「ちょっと触らしてよ~」
そういって俺の股をさすってくる。

「ちょっ、それはやばいって!」
いきなりのことでてんぱっていたが、なんとか理性を振り絞り手を払いのけた。

「えーいいじゃん~なんで~?」
そう言うと千夏は俺を押し倒した。
そして俺のチンチンをズボンのチャックからだそうとしている。
やべーこいついつもの千夏と違う
女の子の香りが鼻をつき、時折千夏の胸が俺の体にあたる。

ぶっちゃけもうどうなってもいいや~と思った。
俺は一応抵抗するふりをしたが、全然力をいれていない。

千夏はいよいよファスナーを下ろし、俺のチンチンをだそうとしている。
「うふふ」
千夏が意地悪っぽく笑う。
(ま、まじかよ)
いつも知ってる千夏とは違う千夏がそこにいた。
俺はそのギャップに興奮した。

今ちょうど69の体勢で、俺の顔の前に千夏の尻があった。

千夏はズボンを履いていたのでパンツは拝めないが、童貞の俺にとったらもう大興奮。
というより女の子が俺の上に乗っかってる!
それだけでもうパンク寸前だ。

俺のチ〇ポを器用にチャックから取り出す千夏。
とても元気なチ〇ポが飛び出した。
千夏の暖かい手が俺のチソチソに触れる。
この時点で俺は死んでもいいと思った。
「へぇー、まあまあおっきいじゃんww」

千夏がしゃべるたびに吐息がチ〇ポにかかる。
「そ、そう?ていうか触っちゃって汚い」
「これぐらい平気だよ。さてどうしよっかな~♪」
千夏は人差し指と親指で亀頭をつまみあげた。
何ともいえない感覚が俺を襲う。

千夏はびくっとする俺を見て、
「気持ちいいんだ」
と言ったあと、
手についた我慢汁を人差し指と親指で伸ばし見せ付けながら
「これ何~?」といってくる。
もうされるがままである。

「じゃーこれは?」
そういって次は金玉をモミモミしだした。
「うっ…」
「気持ちいい?」
「う、うん…」
そして今度は手のひら全体をつかってしごきだした。
噂で聞いたことのある手こきである。

暖かい手の感触に包み込まれ、ひたすら上下運動を繰り返す
「ちょ、ちょっとまってっ!でちゃうって」
「だしちゃえ~♪」
「やばい、もうきそう・・っ」
「まじ??はやすぎだって」

そういうと、なんと千夏は口でチンチンの先っぽをくわえたのだ。
「はひへいいよ(出していいよ)」
「…っ」声にならない俺。
そして我慢など忘れてしまった俺。
俺の何億もの白いおたまじゃくしが千夏の口のなかに放出された。
千夏「!」
後にも先にも出したことないくらいのザーメンの量が出たと思う。

「ハアハア…悪いいっぱいでちゃった」
少し罪悪感を持ちつつも、千夏の口からだらしなく垂れていたザーメンを見ると、
発射して5秒もたたないのにまたまたチンチンが重力に逆い始めた。
ニュートンもびっくりである。

俺がティッシュを取ろうとすると、何を思ったか千夏は口に溜まっていたザーメンを飲んだのだ。

ゴクンッ

「うそ」
思わず俺はそうつぶやいた。
俺はその姿を見て決心した。

男になろうと。

がしかし、あくまでこいつは俺の友達だ。
こいつには彼氏もいるし、そんなことをしてしまって本当にいいのだろうか?

だけど、そこにいるのは思春期真っ盛りの青年。
俺は今後の展開より今現在の快感を優先した。

俺は一発出したことにより少し余裕があったので、少し強気に
「俺の触ったんだからお前のも触らせろよー」
といった。
千夏は
「いいよ♪じゃー胸触る?」
とノリノリだった。

「え…いいの?」
あまりに簡単に話が進んだので、自分から聞いといて思わず聞きなおした。
「はいっ♪」
そういって千夏はおっぱいをつきだした。

人生初めての胸もみだ。
震える手で恐る恐る胸に近づける
あと3cm!2cm!1cm!0.9cm!
そしてついに俺の手が千夏の胸に。
夢にまで見たパラダイスにいよいよ到着だ。
「おお~~」思わず声にして喜びをアピールした。

あのやわらかい感触、うっすらわかる乳首の位置、
どこからともなく漂う女の子の香り、
そして(女の子の胸に触っちゃってるよ~)
なんて自分に酔っちゃって。
もう半端なく興奮して頭ん中真っ白

俺れはもう揉みまくった。
「うん・・ん・・はふ・・」
千夏の甘い声が俺の理性を壊していく。

千夏の胸は見た感じCぐらいあったと思う。
基本的には揉んでたのだが、つまんだり突いたりとなるべく工夫してみた。

「なんだ、なかなか上手いじゃん、童貞のくせに…」
そんな千夏の台詞は俺をさらに興奮させる。
物足りなくなった俺は胸を揉みながら
「ねー、その、脱いで欲しいんだけど」
と言った。
「いいよ~」
そういうと千夏は、少し恥じらいながらも着ていたシャツのボタンをひとつづつ外していく。
ボタンがひとつづつ外れていくたびに寿命が1年縮まるんじゃないか?
と思うくらいに俺の心臓は激しく高鳴っていた。

ついにブラジャーが現れた。
たしか黒のブラだったと思う
そして俺は「おお~」と歓喜の声をあげる。
「あはw大げさだって~」
「なー、それも」
俺はブラを指差す。

「うん…」
千夏は手を後ろにやって、ブラをゆっくりと外す。
そしてついに露になったおっぱい。
「おお~」
俺は感動し、おっぱいをながめていた。
「きれい…」
チャックからチ〇ポがにょきっとでている青年がそう言う。

「やっぱ見られるとはずいね///」
そう言って下をむく彼女はとてもかわいかった。
「触っていいよね?」
「ん…どーぞ」
形も整っていて、乳首の色はピンク。
文句のつけようがないオッパイを俺は遠慮なく触りまくった。

乳首をつねる度「んっ」と少し大きめに声を出す千夏に何も考えられなくなるほど興奮し、
思わず俺はオッパイを口に含んだ。
「ま、まじで?ん…あっ」
一瞬驚いたようだが抵抗することもなく、千夏はさっきよりも大きな声であえぎだした。
「あんっんっ」
乳首を舌で集中的に攻めてみると、
「それ…気持ちいい」と千夏が言った。

俺は夢中で胸攻めに没頭していた。
しばらくしたら千夏が
「キスしよう~」と言ってきて、
胸を攻めてた俺の顔を手で顔のところに持っていき無理矢理キスされた。

興奮で頭の中真っ白だし、いきなりのことだったので一瞬何がおきたのか分からなかったが
すぐに俺はキスしてる自分に気づいた。
そして気づいたと同時に千夏が舌を入れてきた。

「ん…ふう」
千夏のあまい吐息が漏れ、懸命に俺の舌に絡ませようとする。
俺は初めてのキスだったので戸惑いつつも一生懸命それに答えようとした。
ピチャピチャ
唾液のいやらしい音が聞こえ、だらしなく下に垂れる。
千夏は手を俺の背中にまわし、体を密着させてきた。

千夏の顔、体、千夏の匂い、千夏との思い出・・
今はすべてが愛しく感じた。

つむっていた目をあけてみると千夏と目が合い、恥ずかしくなって目を閉じる。
俺は興奮で鼻息はすごいことになっていた。

どれくらい時間がたっただろうか?
とてつもなく長い間のキスだった。
「ぷはっっ」
「ふーー」
二人の唇の間には唾液の糸がひいていた。

「ハアハア…ちょっと苦しかったねw」
「あ、ああ…」
すると千夏は自分のズボンのベルトを自ら外しながら、
「ねぇ」と目を潤ませて言ってきた。

「…ほんとにいいのか?」
不思議にも、ここにきて冷静になっている自分がいた。
さっき男になると心の中で宣言しといて。

「なんで?」と不思議そうに千夏。
「だってほら、俺たち友達だし、お前には彼氏いるしさ」
「えーここまでして何言ってんの、私が筆おろししてあげるー」
この子は俺の想像以上にエッチな子だったらしい。

千夏は自らのベルトを外し、ズボンを下ろす。
そこにあったのは黒のパンツだった。
「何ぼけっと見てんのよ~、あんたも脱いでよ」
千夏がパンツを脱ごうとしたところでそう言った。
そう言われて慌てて俺もズボンを脱ぐ。
チンポはすでに見られているのに、ズボンを脱ぐとなるとやはり恥ずかしい。

「それもそれも」
パンツを指差し俺を急かす。
そして、同じタイミングで俺のパンツと千夏のパンツは脱がれた。

黒い茂みが俺の目に写る。
ほんとに感動の連続だった。

「やばい、めっちゃ濡れてるよ」
そういって千夏が自分の股間に手をあてると、ネチャッという卑猥な音が聞こえた

生唾を飲み込みながらその光景を見る。
そしてこっちも対抗して
「俺も濡れてる」
といって我慢汁を手につけた。
「あはwじゃーさっそくいれちゃう?」
「お、おう…」
そう言うと千夏が寝転んで
「きて~♪」
とたまらない仕草をした。

ついに童貞卒業だ

そう思うと緊張で全身がブルブル震え、この時あまりマソコを見れなかった。

自分のチンチンを握りながらマンコへ持っていく。
そして(ここか?)ってところにチ〇ポを当ててみる。

が、しかし違ったようで、いくら押し込んでも入らなかった。
「んっ…ちょ、つつかないでよ」
チンチンの先の我慢汁と千夏の愛汁が混ざる。
今思えばクンニしてやるべきだったと思う。

「ここかっ?」
そういってまた適当に突っ込む。
が、しかしまた違ったようだ。
「あ…ちょ、ちょっと、つつかないでって…ん」

つつかないでといいつつもあえいでる千夏に俺は
(これはこれでいいかも)
と思ったが、さすがに焦ってきて手当たりしだいチンチンを押し込みまくったら、
ヌチャッという音がした。

そうドッキングは完了した。

「は、入った!」
俺は思わずそう言った。

何とも言えないあの膣の中の温もりを俺はチンチンの全体に感じとった。
俺が腰を振ると愛汁が膣とチンチンの間で踊りだし、絶妙なハーモニーを生み出すと同時に、
「あっ!ああっ!あっ!んっあっ!」
と千夏がリズミカルにも激しくあえぎだす。


しかし、入れたばかりだというのに俺はもういきそうだった。
俺が「やばい、、もういきそうなんだけど」
といっても
「んんうう、あぁっ!ああっ!」
とあえぐばっかりでまるで、聞こえていないようだった。

このまま中出しするのもやばいので、俺は仕方なくチンチンを抜いた。
「ちょっとー、なんで抜くのよ?いいとこだったのに~」
「だっていきそうだったから」
この台詞を言うのは少し情けなかった。
「えーーもう?早漏すぎ~」
「悪かったね!」
「どうしたらいい?」
「一回抜いたら次長持ちするかも」
「抜く??」
「ああ、射精するってこと」
「OK~♪」

千夏はそういうと何のためらいもなく、俺のチンチンをパクっと咥えた。
チンチンの先を咥えながら手を使いしごってくる。

間もなく俺は射精した。

すると千夏は口に溜まったザーメンをまた飲み干してしまった。
その光景にまたゾクっとする。

「さっきから思ってんだが、そんなの飲んじゃって平気なのか?」
「んーおいしくはないけど別に平気だよ?」
わざわざ飲む理由を聞きたかったのだが
まあそんなことはあとで聞くとして、俺は2回目の射精を終えてさすがにしぼんでいくチ〇ポをしごいて
また立たせようと必死だった。

「えーしぼんでんじゃん~」
少し残念そうに千夏が言う。
「まだまだ~~」
そう言って手の動きを速める。
「がんばれ~w」
俺のチンチンは間もなく元気になった。

「じゃー」
「うん」
そういってまた千夏が
足を広げ仰向けに寝転ぶ。
チ〇ポを持ち、マンコに当てる。
2回目の挿入なのでもう位置も完璧だ。

もう俺童貞卒業してるんだな、
と今更ながら実感が沸いた瞬間だった。

間もなくドッキングは完了し、さっきと同じ快感が俺を包み込む。
そして俺は腰を振った。
「んんっあああっあっ!」
振る度に違う声をあげる千夏。
今度は長い間持ちそうだ。

「あっ!気持ちいいよっ!あぁん!ああっ」
「お、俺も」
千夏は眉間にしわを寄せて声もでかくなり、
いよいよ本格的に、という感じだった。

「うんっ!んっ!んあっ!ああぁっ!」
すでにチンチンは発射しそうだったが、
もっと快感が味わいたくて、
もっと千夏の刺激的な声を聞きたくて
俺は必死にこらえていた。

「あああっ!あっ!いいっ・・ああぁっ!」
しかしついに限界がやってきた。
今度は5分弱くらい持ったと思う。
まあそれでも全然短いんだが、俺としては上出来だった。

「そろそろ抜くね」
「はぁ・・・はぁ・・うん…」
そういって俺はチ〇ポをゆっくりマ〇コから抜いた。
「はぁ・はぁ・・ねえ、あれやってよ」
ぐったりした千夏がそういった。
俺は千夏とエロビデを見ていた時、顔射のシーンを気に入っていたのを覚えていた。
なので「あれ」とは顔射のことだと反射的にわかった。

「オーケ…」
そういって俺はチ〇ポをしごきながら千夏の顔に近づけ、ピュッピュッと射精した。
「ん・・あぁ・・」
そう言って蕩けた微笑を浮かべる千夏がたまらくエロく、可愛く感じた。



その後千夏とは、俺の部屋や千夏の部屋で楽器演奏して遊んでからセックスって感じになり、
千夏の当時の彼氏には悪いが、かなりHする仲になった。
セフレってほどドライな関係でもなく、Hもする超仲が良い女友達って感じ。

大学生になった今では、そうそう会う機会はなくなったが、
思い出したら興奮したので今度ひさしぶりに連絡でもしてみようと思う。

気に入って頂けたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。