高校の時、友達の家に泊まったら女友達といい雰囲気になり・・・② - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 中出しいちゃいちゃJK

高校の時、友達の家に泊まったら女友達といい雰囲気になり・・・②

高校の時、友達の家に泊まったら女友達といい雰囲気になり・・・①のつづき


布団にまた潜り、顔を半分だけだした萌が、恥ずかしそうにそういった。
そのしぐさがまた可愛くて、思わず俺はキスをした。

「・・・びっくりした。」
「どれが?」
「キスが。どうして・・・?」
「どうしてって・・・可愛かったから・・・なんとなくだよ・・・」

また、わかるくらいに赤くなって、萌は布団にすっぽりと潜った。
俺の顔も熱い。多分、真っ赤だと思う。

実は俺はイッてないし、まだ破裂しそうなほどビンビンだったけど、カワイイ顔も見れたし、貴重な体験をしたからイケなくてもイイかと思った。
本当にびっくりした、だの、こんなことになるなんてね、だの、イッた余韻で話し方が今までに無いくらいカワイイ彼女と、しばらく話し込んでいたら、友達が全員寝るために部屋に入ってきてしまった。
あぁ、これでお楽しみは終了だ。
豆電球も消して、酒の量も半端じゃなかったのか、友達は全員あっという間にいびきを立てて寝てしまった。
今日はたまたま女は萌しかきていなかったし、全員男でいびきをかくタチだったので、爆睡具合はハッキリわかった。
だけど、俺はもちろん眠れない。眠れるわけが無い。
股間は今でもギンギンだし、萌の愛液が乾いて、カサカサと指についたままだ。
暗闇であまり見えない目をこらし、これが女の股間に触れた勇者の指か・・・と眺めていると、さっきのまま隣で寝ていた萌が小声で話し掛けてきた。
「・・・眠れないの?」
「まぁ、ね・・・まだ興奮してて。」
「あ、興奮してるの認めたね、やっとw」
「うるせぇw」

そんな会話をしていたら、また触りたいという衝動が再び・・・元気だね俺も。
はじめとは打って変わって、積極的に俺は萌の股間に手を伸ばした。

「萌はココがすごいことになってたなw」
「・・・あっん・・・まずいってさすがに・・・今は・・・」

恋姫†夢想三国コレクション オンラインゲーム

もちろんまずいってのは、友達がまわりで寝ていることだ。
でもこいつらは、寝ている時に蹴っても起きないのを知ってる。
実際に、いびきがあまりにもうるさくて蹴ったことがある。ごめん。

「起きないって・・・」
「で、でも・・・あぁ、んっ・・・!」

さっきよりも余程興奮するのか、生乾き気味だった萌の股間あたりのスカートが、再びグショグショになるまでにはそんなに時間がかからなかった。
俺ももちろん興奮した。なかなか無いシチュエーションだと思うし。
いつ起きるかわからない友達の横でってのは、かなり興奮する。お試しアレ。
調子に乗った俺は、今度はスカートの上からじゃなく、パンツの上から触ってみた。

「あん!え、ちょっと!」
「どうしたの?何かさっきと違う?」

済ました声でとぼけてみたが、コレは全然違う。
あそこのやわらかさの感触がハッキリと伝わってくる。
クリトリスもあいまいじゃなくて、ハッキリとわかった。

「ぁ・・・あぁ・・・まって、また・・・あたし・・・!」
「もうイッちゃうの?萌ってエロいんだね。」

萌もさっきよりも気持ちがいいのか、すぐに本気で感じはじめた。
パンツの上から触ると、マンスジがはっきりわかる。
ぬれているから生地が張り付いて、肉の感触がすごいリアルだった。
俺はクリトリスを重点に、強く攻め上げた。

「あっあっあぁぁっんんん!!!くぅ・・・!!」
萌の身体が、また大きくビクンビクンと痙攣した。早過ぎない?

「もうイッたの?」
「ば、ばかぁ・・・」
まさかホントにイッているとは思わなかった。

涙目でうっとりしている彼女の顔を見ていて、もっと彼女の身体を知りたいという欲が沸いてきた。
そう思った瞬間、自然と俺の手は彼女の股間をダイレクトに触っていた。
「ああぁぁ・・・!そ、そんな・・・ぁ!さ、さわっちゃだめぇぇ・・・!」
イッたばかりで敏感なソコをダイレクトに触られると思わなかったのか、彼女は今までで一番切なそうに見上げてきた。

「すごい、直接触るとびっしょびしょだね」
「あぁぁっあ!ん!」
「これが、萌のあそこなんだ・・・なんか、ふにふにしてる。」
「あぁぁ、そ・・・こつねったらぁ、またいっちゃうからぁぁ・・・!」

もう彼女は俺の指の動きに夢中になっていた。
あふれ出るような愛液ってのは、こういう事を言うんだと思うくらい、次から次へと沸いてきていた。
そうすると、興味が湧くのはやっぱり、それが沸いてる女の子の穴の中。
ちゅるんっという擬音がぴったりなくらい、指は楽に入った。

「はぁ!は・・・入ってるよぉ・・・!あぁぁあん・・・!抜いて・・・よぉ、こんなのダメだよ・・・ぉ!」
息は殺せているけど、もう彼女の目が完全に遠くにイッちゃってる。

初めて触った女の中はとても柔らかくて、ぬるぬるしてて、チンコ入れたら気持ちよさそうだなあと思った。
そこでやってみたかった事をもうひとつ実践してみた。
ぐちゅぐちゅぐちゅっ!

「いやぁ、かき・・・回さないでぇ!音が・・・音がしちゃうよ・・・!」
「すごい音だね、みんな起きちゃったらどうするの?」
「だって、だってぇ・・・ああぁ!」
そう、かき回して音をだす。AVの見すぎですね、ハイ。

でも実際に童貞が聞く音は最高の音色でした。俺も頭がおかしくなってたと思う。
今度は両手を使って、穴の中と、クリトリスを同時に責める。
右手で穴をいじって、左手の人差し指と中指でクリトリスをはさんでこねあげた。腕つりそう。

「あ、ダメ、またいっちゃうよ、もうイケないよぉ・・・!」
「またイッちゃうの?」
「んん!ダメ!あぁぁぁ!ダメ!!気持ちい・・・いよぉ・・・!あぁぁぁ!!んぁぁ!」
「あぁ、あああぁ、くっんん~~・・・!!!」

今までで一番大きなゆれで、よだれをたらしながらイッていた。

声が大きくなるとふんだのか、声も今まで以上に押し殺していた。
余程気持ちよかったようだ。コレは男としてはかなり嬉しい。

「はぁはぁ・・・ま、またイッちゃったよ・・・」
「イキすぎw」
「もぉ~ぅ!」
エロイ雰囲気からじゃれあう雰囲気になれるあたり、そこはさすがに仲の良い女友達といったところか。
それとも二人がこの空気に慣れたのか。

まぁ、ここでさすがにオレはイケないし、男は汁も飛び出すわけだし、我慢するかと思ったその時。
「でも、タケシはイッてないよね・・・」
「ん。まぁ、イッても処理にこまるしね。俺はいいよ。でも、次は俺もなw」

「うーん・・・」

あれ、次はもしかしてないのか?なんて不安に思った俺。
でもそれはただの勘違いだった。

「ちょっとまってね。」
そういうと、彼女は布団に潜って、下から俺の布団に入ってきた。
「お、おい、なにしてんだよ。」
「いいから、まってなさいって。」

布団の中で彼女はするりと俺のズボンを下ろした。
「うわ!」
「おっきぃ・・・こんなの入るのかな・・・?」

萌が俺のチンコを直にこすってきた。
暴発寸前の俺のチンコだったが、なんとか男の意地ってやつで、耐えた。
腰から上に駆け上ってくるような快感は、俺に抵抗という行為を一切させなかった。

「わぁ・・・気持ちいい・・・萌、うまいな・・・」
「ホント?私、初めてだから・・・」
「え?だって彼氏いたんじゃ。」
「なんか恥ずかしくて、正上位以外ってやったことないの。その、手も、クチも。」
そういうや否や、俺のチンコの先端に生暖かい感触が広がる。
「うわぁ!」
「んふふ~ひほひいい?」

彼女いわく、生まれてはじめてのフェラチオ。俺にとっても初めてだった。
じゅぷっじゅぷっという音が、小さく聞こえる。
萌の顔が上下するたびに、布団が大きく上下して、快感の波が俺を襲う。

「まじで気持ちいいよ、萌・・・」
「んっおっきくてちょっと苦しいよぉ・・・あん・・・じゅぶっちゅっんっんんっ」

布団から覗き込んでみると、上目遣いでフェラをしている萌と目があう。
やっぱり目はうっとりしていて、心なしかまたエッチな気分が高まっているようだった。
俺のほうだが、いかんせん気持ちよすぎて、逆にイケなかった。
友達が隣で寝ているという緊張感のせいもある。男はナイーブなんだよ。特に童貞は。
みんな相変わらず爆睡こいて寝ているが、ほんとにこいつら、いびきでかいな。
こんな環境で初フェラチオしてもらえるなんて、俺、人生のラッキー全部消費したかも。
そんなことを考えながらなもんだから、余計にイケない。

すると、心配そうに彼女が俺の身体をつたってのぼってきた。
ちょうど、彼女が俺の上になって、抱き合ってる体勢だ。
いまさらだけど、初めて女の子と抱き合ってムネがどきどきした。

「まだイケそうもない?」
「・・・ん。なんか緊張して。わるい、ホント気持ちいいんだけど。」
「そっか。下手なのかとおもって焦っちゃったw」

そういってはにかむ彼女は本当に可愛くて、いまさらながら本気で恋をしたと思う。
でも、なおさらイケない事実が申し訳なくて、男としての自信を喪失しかけたその時!
ぬるぅっ
「はぁぁぁ・・・んん・・・!!!」
「ぅあ!お、おい!」
なんと、彼女はそのまま俺のチンコを入れてしまった!

背筋がゾクッとした。手や、クチや、オナニーとは違う。女の感触。
しかも入れる時の彼女の身震いしながらの押し殺したあえぎ声は、興奮モノだった。

「ヤ、ベェ・・・気持ちよすぎる・・・い、いつのまにパンツ脱いだんだよ・・・」
「あ・・・はぁwさっき・・・フェラしながら・・・んっ」

もうすでにその時にヤル気満々だったわけですか。そうですか。

知らなかった痴女っぷりにほんろうされつつ、騎乗位で彼女が腰を振り始めた。
腰が溶けそうってのはこういう事か、と、雑誌のかたすみのエロ小説の一文を理解した。
これは気持ちいい。これはハマる。世の中のカップルはみんなこういうことしてんだなと思った。

「友達なのに・・・これは・・・」
「んん・・・友達の女の子に、あぁ・・・いたずらしたのは・・・あん・・・だぁれ・・・?」
「俺・・・だけどw」
「アタシから・・・誘っちゃったみたいだしねw・・・ぁあんっ・・・でもここまで・・・する気はなかっ・・・たんだけど・・・あうっ!」

会話もとぎれとぎれの、獣のようなセックス。
ブチュブチュという音が、本当にセックスをしてるんだなと自覚させる。

「あぁ、気持ち・・ぃいよぉ!タケシぃ・・・んっ!あん!」
「うん、これ、気持ちいい・・・!!」

女の中に入ってると思えば思うほど、そして友達が寝てると思えば思うほど、
それに比例して俺のチンコは大きく膨らんでいった。そろそろ出そうだった。

「タ、タケシぃ・・・大きすぎるよ・・・あぁ!おなかいっぱいになっちゃうよ・・・ん!」
「萌・・・!」

もう無我夢中に腰を突き上げた。もちろん、布団がかさかさいう音を気にしながら。
初めてのセックス、初めての騎乗位、初めての生挿入で、俺ももうすぐイキそうだ。
ん?生挿入?
そこで俺の理性が戻ってきた。マズイ、今出してはマズイ!

「ま、まった!」
「あんっ・・・んっ・・・どう・・・したの?あん!」

待てといっても彼女は腰を動かすのをやめなかった。
暴発寸前だったので、たまらず腰を抑えて動きを止める。

「んっ・・・どうしたのぉ・・・?」
切なそうに覗き込む彼女。そんな目で見ないでくれ。動きたくなる。

「ゴム、してないし、このままの体勢でイッたら中だししちゃうだろ・・・」
「いきそうなの?」
「うん・・・でも、やっぱまずいから、いいよ・・・って、うおい!」

彼女が動きを再開した!しかも、さっきまでとは違う、搾り取るような大きなグラインド!

「まずいって、ま、まってって!」
「あぁ、だめ、だめだよ・・・欲しいよ・・・んふぅ!あぁ!んんん・・・!!!」
「だ、ダメだ、もう限界、で、でる!!」
「あっあっあっあっ!出して、あぁっ・・・いっぱい出して!あたしも・・・あぁ、あたしもぉ・・・!!!」
「あぁぁぁんん・・・!!!」

ビュルッビュルッと、今までの人生で一番大量にでたような射精感が俺を襲った。
あぁ、初体験で、中だししてしまった・・・でも、本当にこれは気持ちいい・・・
彼女もイッたようで、中の伸縮が伝わってくる。ギュッギュッと俺の精液を吸い上げるような運動だった。

二人で息を切らせて、はにかみあった。
唐突な展開で、最後までやってしまった。

しかも、行為の最中という最低な過程で、本気で惚れてしまった。
息も絶え絶えの状態で、俺は彼女に告白をした。
彼女は、ゆっくりと優しくわらうと、「ずっと待ってたんだぞっ」といって、俺の胸に顔を寄せた。

「誘惑はしたけど、エッチまでするとは思わなかったんだけどなぁ・・・」
とかなんとか言っていたから、ちょっとエッチな雰囲気になるところまでは想定してたんだと思う。

なんとか友達も起きず、事は終わった。多分起きてないと、思う。思いたい。

それから俺たちは付き合いだして、高校生活の残り後半は潤いのあるものだったと言い切れる。
萌は今までの彼氏とは一人目が3ヶ月、二人目が1年と短期間だったが、
俺とはうまがあったのか、今でも別れていない。

こんなことを言うと月並みな展開というか、ありがちな結末だが、やっぱり俺の隣には今でも萌がいて、20歳で結婚して、25歳の今は子供が二人もいる。
この衝撃的な初体験で、俺はちょっとマニアックなプレイが好きになってしまったけど、今でもそこはかとなくエロい萌とはお似合いの夫婦だと、俺は思っている。


気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。