海外に行って少女を買った話①【抜ける体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 風俗海外

海外に行って少女を買った話①【抜ける体験談】

1 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:49:48

あれは4年前のことだ

他人より2週間遅れの夏休みをとった私は、バンコクの北ターミナルから アランヤプラテートに向かうバスに揺られていた 陸路で国境を越え、カンボジアを旅するためだ

カンボジアには何度か行ったことがあったが、いずれも飛行機で一気にプノンペンまで飛んでいたのだが 何か肝心なところを全部飛ばしてしまっているようでもったいない気がしていた

だから今回は国境の街ポイペトからシソポン、バッタンバン、そして船で川を走ってアンコールワットの街シェムリアップ 更に船でプノンペンまで行ったら、また陸路でシアヌークビルまで 道中くまなく見て回るつもりだった

カンボジアといっても地域によって人々の生活も大きく異なる その村々で少女たちに出会いたい 陸路の旅を選んだのはそんな理由からでもあった

バスが止まり、国境の街アランヤプラテートに着いた私は逸る気持ちを抑えきれず ボーダーゲートに駆け込み、タイを出国した
2 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:50:20

カンボジアの玄関口ポイペトは、たった今国境を越えたとは思えない別世界だ
タイと比べて物の価値は10分の1になり、人々の生活はまるで被災地のように荒れている
道端には住む家を持たない人たちが寝そべっており、活気に満ちた商人たちは物乞いと変わらない

一番の働き手は子供たちで、その仕事は傘差しだ
普通では到底仕事にならない仕事がまかり通る事実が、売るものさえ無いこの国の貧しさを物語っていた
落ち着いて食事でもしようと歩き出した私の周りはたちまち傘差しの子供たちでいっぱいになった
まともな店がなかなか無いことを悟った私は長時間歩き回るのに備え、周りを囲む子供たちの中から一人選んで傘を差してもらうことにした
見回すと、熾烈な競争の中に一人着いていけそうにない少女が目に留まった 年は11歳から13歳くらいだろうか
クメール人特有の端正な顔立ちに分厚い唇が幼さを強調した、美しい少女だった 私はその娘に2000リエルを手渡し、一緒に店を探して歩き回った

途中何度か少女に水や果物などを分けてやったが、少女は自分では口にせず 家族に持って帰るためだろうか、肩にかけた麻の袋に詰めて持ち歩いていた
少女の肩にかかる前は土嚢であっただろうその袋が重くなるにつれて 少女の顔からは嬉しそうな笑みがこぼれるようになった


3 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:50:57

やっとまともに食事のできそうな店を見つけた私は、少女をテーブルの向かいに座らせ 一緒に食事を取った
遠慮がちだった少女も、さすがに鳥の炒め物を袋にしまうわけにも行かず 自分の前に置かれた皿を、それでも遠慮がちに平らげた
食事を終えた私は今度は安宿を探しに歩き回った
カジノなどに興味はなかったが、大勢のタイ人が遊びに来るこの小さな町の夜の姿を 一応は見ておきたかったし、その日は天気が優れなかったので ピックアップトラックの荷台に何時間も揺られるのは少々不安だった v 一泊だけして様子を見て、翌日天気がよければシソポンに向かうつもりだった 適当な宿はすぐに見つかった

一泊10ドルでホットシャワーとエアコン プノンペンより少し安いくらいだろか
そんなことより各階の廊下に少女たちが客を待ってしゃがんでいたのがその宿を選んだ理由だった
私は部屋に荷物を置くとすぐにまた外に出た 少女に市場を案内してもらいたかったからだ
私は旅先で必ず立ち寄る箇所が三つある 市場、大衆食堂、そして置屋である
まずそのうちの一つを明るいうちに済ませるのにこんなうってつけのガイドはいない 私は少女と手をつないで再び町中に繰り出した


4 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:51:53

市場をねり歩いていた私は、少女の様子がおかしいのに気づいた なんというか落ち着きがないのだ
つないだ手を不自然なほど大きく振りながら歩き、突然スキップしたり しゃがんではまた立ち上がったり、かといって市場にいるのを嫌がってるようにも見えない 辺りをキョロキョロ見回したりもしない
どうしたのかと思っていたら、突然少女が私の手から離れて道端の茂みに駆け込んだ 少女はしゃがんで下を見ている
すると、シャーッという音とともに少女の足元の土が色を変え始めた 少女は尿意を催していたのだ

そこは市場のど真ん中だ 私はとっさに辺りを見回したが、人目には触れていないようだった
そのことを確認したとき、私は何か沸々とある衝動に駆られた 次の瞬間私は少女の真正面に回りこんでしゃがみ シャーッという音の源を探るように覗き込んだ

少女はびっくりしてM時に開いた脚を閉じたが無駄だった 音を立てて迸る一本の筋は、その出所を露にしていた
少女は体を横にそむけ、私の視線から逃れようとしたが 私は更にそれを追い、再び視野に納めていた
少女は気まずそうに下を向き、私の顔を正視できないでいる しかし自分ではどうすることもできないまま、諦めとともにただことが終了するのを待っていた

ドラゴンプロヴィデンス オンラインゲーム

5 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:52:26

勢いよく尿を放出する少女の狭間に見入りながら私は、少女の顔にもチラチラと目をやった
恥じらう少女の表情には性的な意識は微塵も見えず、ただ戸惑うばかりの様子だった
少女のそこはにはまだ発毛は見られず、ツルツルのドテとその下に大陰唇がプックリ盛り上がり 更にその間から薄い小陰唇が奥二重の瞼の様にのぞいていた

それは尿が描くゆるい放物線の勢いに呼応して、雛先が呼吸しているかのように開いては閉じた
私はそのまだ幼い陰部に少女の無垢な姿を重ねあわせていた
尿が勢いを止めると少女はしたたりが終わるのを待ってから下着を履き、立ち上がった
何も無かった事にでもするかのように立ち去ろうとする少女の腕をつかみ、私は引き止めた
そして自らのズボンと下着を膝まで下ろして少女を真正面に立たせた 少女は驚いた様子で立ち尽くしている

無理もない 少女の前に露にした私のモノは硬直していきり立ち、少女が未だ見たことの無い様子をしていたのだ
そのまま少女の手をそこに導き、今度は私が放尿して見せた

少女は一瞬たじろいだがすぐに身をかわし、私の尿が自分にかからないように 私の強張りをしっかり握り、ぶら下がるようにして下に向けようとした
私の尿は途中で何度も途切れたが、少女はそのたびに力を緩め 何とか自分の服を汚さずに最後まで私の放尿を見届けた
私は握ったまま一緒になって固まっている少女の手を更にその上から包むように握り ゆっくり前後にしごくように動かしながら少女に言い聞かせた

「ハード、ベリーハード、ユーノウ、マッサージ?マッサージミーOK?マッサージミー2ダラーOK?」
少女は下を向き、怯えながら答えた 
「ボンボンノー、ボンボンノー」
買春目当ての外国人に気をつけるように親から注意されているのだろう 私は少女を安心させようと更に言い聞かせた
「ノーボンボン、オンリーマッサー、マッサージミー、リラックスミー、2ダラープロミス、OK?」
少女は黙って1回うなずいた


6 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:52:57

少女の手を引いて私はホテルに戻った レセプションの女性が意外な表情で私を見ている
たった今出て行ったばかりなのにもう戻ってきたから当たり前だろう
私に鍵を手渡しながらその女性は少女をジロジロと見た そしてもう一度私を見上げてニヤッとした

階段を上がり、自分の部屋にたどり着くまでの廊下で私と少女は何度もこの表情と出会った
廊下にしゃがんで客を待つ売春婦たちが私たちを見ていたのだ
自分たちは決して年配といえる年ではないのになぜという答えを見つけたといったところだろうか 少女は彼女たちの薄ら笑いにいささか怯えて私の腕にギュッと掴まった

私は鍵を開け、先に少女を部屋に入れた そして扉を閉める前にもう一度廊下の売春婦達を見て、今度は私がニヤッとした

売春婦たちはその私を見て冷やかし半分にドッと笑い声を上げて私達を見送った
部屋に入ると少女は慣れないところに来たせいか所在無さそうにキョロキョロ部屋の中を見渡した
私は冷蔵庫からオレンジジュースを取りだし、グラスに注いで少女に差し出した
少女はソファに座り、グラスを手に取るとゆっくりそれを飲み始めた 今にもグラスを落としてしまいそうな不慣れな手つきだ
口元から時々しずくがこぼれたのをその都度手でぬぐいながら、少女はそのまま一気に飲み干した
私はビンの残りもグラスに注ぎ入れ、冷蔵庫からもう一本今度はコーラを取り出してテーブルに置いた
少女は少し驚いたようだがニコッと微笑み、やっと落ち着きを取り戻したようだった
私はエアコンとテレビのスイッチを入れ、少女にテレビのリモコンを手渡してチャンネルを変えて見せた

少女はなにやら中国のテレビドラマでチャンネルを止め、音量をややうるさ過ぎるほど上げてそれに見入っていた
その様子を見届けた私は、シャワーを浴びにバスルームに入った


7 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:53:31

バスルームに入って服を脱ぎながら私は抑えきれない欲望とそれが満たされる期待感にに身震いしていた
鏡に映った自分の裸を見て少女のことを思った あの娘は男の裸体を目の当たりにするのもまた触れるのも初めてに違いない
いったいどんな風に反応しどんな風に振舞うのだろうか 私は初心な少女が見せる大らかで奔放な美しさが好きだ
少女の美しさは、成熟した大人の女性のそれとは違い、野性味にあふれている
仕草の一つ一つが小さな感動に満ちており、まるで人間本来の姿はこうだったのだと示しているかのようだ

一見自分を押し殺そうとはしていても、その奥にある本心が豊かな表情となってあふれ出してくる

ああ、だから少女は美しい

体を隅々まで清めた私はタオルを一枚だけ腰に巻き、リンスを持ってバスルームを出た 少女は二本目のコーラを飲みながら中国ドラマに見入っていた

バスタオル一枚の私を見て少女はふと気をとられたような顔をしたが 私は隣に座り、自分のグラスと少女のグラスにコーラを注ぎ足して一緒に飲んだ

そしてそっと手を回して少女の肩を抱きながら一緒に最後までドラマを見た ドラマの終了と同時に少女の顔を見つめると、少女は何かを決断するようにテレビを消し立ち上がった

私は少女の手を引いてベッドに導いた

ベッドの上に乗ると、少女は興味深げに両手でマットレスを触って確かめた

ベッドの脇の大きな鏡に映る自分の顔を見たり、鏡の中の部屋と実際の部屋を見比べたりもした

正座を崩したようにに座る少女を挟むように私は彼女の両脇に両脚を投げ出し、少女の顔を見つめた

少女はうつむき、目をあわせようとしなかった 私は少女の手を握り、優しく話しかけた

「ノープロブレム、ユーリラックス、ユーマッサージミー、ミーリラックス、OK?」

すると少女は一瞬私の目を見てまたうつむいた その時わかった 少女はうつむいているのではなく、見入っているのだ

さっきから少女の視線はずっとバスタオルの中心の膨らみに釘付けになっていたのだった

私は握った少女の手をゆっくりその膨らみにあてがい、さするように前後に動かした

「ベリーハード、リラックスミー、マッサージ、リラックスミー」

少女は一点を見つめたままコクリと頷いた

私は腰に巻いたバスタオルに手を掛け、少女に目で合図をして一気に剥ぎ取った

8 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:54:44
少女の前にあられもない姿をさらけ出した私は、かつて無い興奮をかみ締めていた

少女に向かって屹立した欲望ははちきれんばかりに膨張し、ピクピクと脈打っていた

少女が今間近に見ているものは、私の少女に対する気持ち、抱いている妄想、そして隠しようの無い弱さそのものなのだ

私は今偽り無い本当の自分をこの少女に対して露にしている

私は躊躇っている少女の手をもう一度強張りの上に重ね、ゆっくりそして強くしごくように動かした

少女は自分が握っているモノを見つめたまま視線を動かすことができないでいた 私は少女のその表情を食い入るように見つめた

そのときの少女の顔には驚き、不安、好奇、興奮、戸惑い、さまざまな感動を映していた

私は少女の手の動きにあわせて腰を動かし、伝わる快感を少し大げさに表情と声に出した

「はぁっはぁっ・・ああ~・・」

少女は訳も判らないままゆっくり自発的に手を動かし始める

合わせて私の腰の動きとあえぎ声は徐々に激しさを現していく 少女の指先に少しずつ力が込められていった

快感にあえぐ私の顔を確かめ、少女は徐々に要領を得ていく 要領を得ると共にその手の動きは激しく速く抑揚に富んだものに変わっていった

そのとき少女の指が尖端の皮を強く引っ掛け、激しい手の動きが一瞬止まった

私は軽い痛みと共に小さな悲鳴を上げた

「んうっ!」



9 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:55:16
少女は熱く膨張した肉棒を握ったまま手を止め、状況を確かめるようにゆっくりと私の顔を見上げた 私は少女に気遣い、

「ノープロブレム・・OK」

と微笑みかけた しかし少女の手は今までと違い腫れ物に触れるかのように消極的になってしまっていた

肉棒の先からは大量の粘液があふれ出し泡立って白くなっており、少女の手に絡んでいた
私はバスルームからもって出て来たリンスを取り、少女の手のひらにたっぷり垂らした
少女は不思議そうに手のひらを見ていたが、ふと匂いをかいだ すると少女の表情がころりと明るく変わった
まるで道端で今まで見たことのない綺麗な花でも見つけたような、それは些細で新鮮な感動だったかもしれない
少女はリンスの香りが気に入ったらしく、今度は両手を交互に交代させて肉棒をしごき始めた
右手でしごいては左手の匂いをかぎ、左でしごいては右の匂いをかいだ
ヌルヌルしながら皇かに往復する少女の指の動きと、右・左と交互に与えられる違った感触に私は今までと違った快感を覚えた
私の腰の動きと声は加速的に激しくなっていった そして少女の手に身をゆだねながら快感に目を細め、少女の瞳を見つめた

少女も私の視線に気付くと恥ずかしそうにしながら節目がちにチラチラとこちらに目をやった 援交の女子高生には望むべくもない恥じらいだった

その恥じらいに私の興奮は更に燃え上がるように高まった

あえぎ声は大きくなり、腰をよじり、前進から汗が噴出した すると少女は徐々に目を逸らさず、私の顔をじっと正視するようになってきた

金で雇われているとは言え、目の前でもだえる大きな男の全てを今握っているのが自分だと自覚し始めたらしい

そうだ、少なくとも私は今彼女に対して優越な客などではない 彼女の前に傅き、全てを投げ出して快感を無心し、そして悲しくもそれを与えられているのだ

体の大きさも、経済力も、私がこの世で最も崇拝する少女の美しさの前では無力だ

少女は今単に私の性器を握っているのではない

私の真の人格、尊厳、生命、そして魂までもその紅葉のような手に握っているのだ

それは彼女の思いのままであり、その気になれば無下に投げ捨てることさえ出来る

こんな私のことを今彼女はどう思っているのだろうか

少女の瞳の奥にその答えを見つけたとき、私のバイオリズム一気に頂点に達した

10 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:55:48
「あぁ~~~~っ、はあっ、はあっ、はあっ、はあぁ~~~」

全身からザッと音が聞こえたかのように血の気が引いた

仰け反るように腰を浮かせた私の体は小刻みに痙攣し、山の頂のようにその中心を高く突き上げていた

その頂は心臓の鼓動のように脈打ち、拍動にあわせて尖端からドクッドクッと白濁の粘液が溢れ出している

少女はそれでも私の肉棒を強く握ったまま固まってしまっていた 初めての経験だったのだ

男が快感の絶頂に達した姿も、男性のシンボルからおしっこ以外のものが溢れ出てくるのも 初めて目にしたオルガスムス、そしてそれを得るためなら何でも差し出してしまう男の哀れさ

私たちはしばらくそのままでいたが、一息ついて私の方から起き上がり、放心状態の少女に微笑みかけた

少女も興奮していたのか、見ると頬は赤く発色し、額や首筋には汗がにじんでいる 少女の中に何か女の部分が芽生え始めたのかもしれない

私は硬直する少女の手を肉棒から離し、ティッシュで拭った そして今度は少女にティッシュをわたして、欲望に穢れまみれた下腹部を拭ってくれるように頼んだ

少女は平静を取り戻そうとするかのように、肉棒を摘み上げながら丁寧に私の穢れを拭き取っていった

事後処理を終えた私は少女と一緒にバスルームに入った 私はシャワーを浴びるため、少女は手を洗うためだ

私は少女に石鹸をわたし、シンクに水をためるのをやって見せてバスタブに入った

シャワーを浴びて体を洗っていると後ろから腰の辺りをポンポンとたたかれた 少女が私をを見てバスタブを指差している

私は何か要るものがあるのかと少女の指差す辺りを見渡したが、何もない すると少女は自分の腕をこするしぐさをして見せた シャワーを浴びたいのか?

「ユー・ウォント・シャワー?」

尋ねると少女はニッコリ笑ってうなずく

「OK、OK」

といって私はシャワーを少女に譲ろうとした
振り向くと次の瞬間少女はもう服を脱いでバスタブの中に入ってきてしまった
少女はワンピースのスカートと下着の二枚しか服を着ていなかったのだ
少女はバスタブの底にしゃがみこむと、まず自分の体よりも下着とワンピースを洗濯し始めた
洗濯に没頭していたためか、何もしないという約束を守ったからか 見知らぬ男に対して肌を晒しているという警戒心は持っていないようだった

②に続きます

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。