海外に行って少女を買った話②【抜ける体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ 海外風俗

海外に行って少女を買った話②【抜ける体験談】

11 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:56:21

黙々と洗濯を続ける少女を見下ろしながら私は体を洗う手を止めていた
そして洗濯を手伝おうかやっぱり待っていようかなどとどうでもいいことを考えていた
今にして思えばあの時、私は少女が裸だったにもかかわらず恥らわないことが不満だったのだ
私は少女が洗濯を終えるのを見て取るや否や、服を部屋のエアコンの下の窓際に干してやった
そして再びバスルームに戻り少女に頭から暖かいシャワーをかけた
よく見ると少女はかなり汚れており、白いバスタブの底には黒い雫が飛び散った 私は少女の体を洗ってやることにした
単なる優しさだけでなく、彼女の体に触れたかった そしてそうすることで彼女が恥ずかしがる姿をもう一度見たかったのだ
私は石鹸を泡立て、フェイスタオルで少女の首筋を擦った
肩、背中、腕と徐々に下に前に移っていき、胸にタオルをあてた
擦りながら少女の顔を確かめたが、膨らみかけた乳房に触れているにもかかわらず少女は平然としている
私の手はさらに下にタオルを滑らせ、腹から下腹部へと分け入った
しかし少女は嫌な表情を見せるどころか気持ち良さそうに私に身を委ねているではないか 私はそのまま脚を擦るしかなかった
12 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:57:10
少女の体を足の指の間まで丹念に洗ってやり、次にシャンプーを手に取って髪を洗い始めた

少女は泡が目に入り、両目を堅くつぶりながら不平を言っている すると突然少女が足を滑らせて転びそうになった

少女は私の腰の辺りに掴まろうとジタバタしながら更に不平に拍車をかけた

私はそんな彼女を笑いながら優しく抱きかかえ、バスタブの底に一緒に座った

私は少女を背後から抱え込むようにし、ソファのようにもたれさせながらシャンプーを続けた

目を閉じた少女の顔を見ながら私は改めてその美しさに心を奪われた

そして10本の指で頭を掻きながらふと不埒なことを思いついた

タオルではなく素手で体を洗ってやれば、もっと恥ずかしそうに嫌がったかもしれないな・・・

次の瞬間、一度は満足して萎んだ筈の私の欲望は再び膨れ上がり、少女のお尻を突き上げた

少女はシャンプーで目を開けられなかったが、その変化にすぐ気付き腰を前方に逃がした

とっさに私は少女の体を抱き寄せ、股間の強張りをギュッと少女の背中に押し付けた

少女は不平を言うのを止め、滑って自由の利かないバスタブで目も開けられぬままジタバタと体を捩り始めた

私は更に強く抱きしめ、少女の頬に頬を合わせて囁いた

「ノープロブレム、OK、ノーボンボン、OK、プロミス」

13 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:57:41
私は少女の体を後ろから抱きしめ押さえ込むことで、失いたくないものに必死に縋り付いていた

やがて少女はジタバタするのを止め、再び私にシャンプーの続きを許した

それは私を信じて心を許したさっきまでとは違い、何かを諦めたといえるものだった

私は少女の頭を洗い終わると、泡を流さずにそのまま手のひらに石鹸をとった そして少女の体を今度は素手で洗い始めた

ゆっくり、やさしく、感触をかみ締めながら掌は少女の肌の上を滑っていった

首筋から肩、腕、そして胸に手を滑らせたとき、少女の体が硬直した

私は今度こそ少女が逃げてしまうのを覚悟したが、少女は不安に身を固めながらもじっとしていた

私は膨らみ始めたばかりのツンとした乳房を優しく愛撫した

何度も何度も弄るように内に秘めた欲望を指先の動きにこめて伝えた

息づかいが少しずつ激しくなっていき、少女は私の興奮を手に取るように感じていただろう

少女は徐々に全身の硬直を解いていき、私がその体を撫で回すに任せた

私の両手は乳房からやがて腹部、太もも、足の指先まで到達し、再び下腹部に戻った そしてまだ毛の生えていない狭間に指を滑り込ませた

大陰唇と小陰唇の間を通り肛門まで愛撫すると、左手をそこにとどまらせ右手の指で実を転がした

左手の指は後門に分け入り、閉じようとする少女の圧力を感じ取っていた

少女は両脚を爪先までピンと伸ばし震え始めた

ドラゴンプロヴィデンス オンラインゲーム

14 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:58:12
少女は震えながら、ぶら下がろうとするように自らを愛撫する私の腕につかまっていた

右手の指が狭間の一部分を刺激するたびに少女はピクンッと反応した

左手の指は菊門の出口付近で暴れ回り、押し出そうとする少女との押し相撲を楽しんでいた

私は一旦押し相撲をお終いにし、左手を再び乳房に戻した

少女の乳房はさっきよりも硬く尖っているように感じた

乳頭が勃起しているのだ 間違いない 少女は快感を得ている

私は更に激しく乳房を弄り、狭間を這う指を踊らせた

少女の口からはため息が漏れ始め、息づかいが荒々しく加速していった

私の息づかいも少女にシンクロして加速し、二人は一つになっていった

私は自分の息づかいを少女に聴かせようと、少女の耳を舌で愛撫した

うなじに吸い付き、頬を舐めまわし、首筋にキスマークをつけた

そしてついに、少女の唇に舌を分け入らせた

少女は少し唇を閉じて抵抗したが、顔をそむけて拒絶まではしなかった

分厚くめくれ上がった唇とその裏側をしゃぶり、しっかりとした歯と歯茎をくすぐり

歯の間からその奥に舌を走らせ少女の口の中の聖域を探索した

そして間もなく、私の舌は未開の聖域の奥でもう一つの舌と出会った

15 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:58:51
私は執拗に舌を絡め、少女の舌を誘った

なかなか応えてくれない少女の連れない舌に苛立ち、私の舌はより強引さを増していった

陰部と乳房と唇の三箇所を同時に愛され、少女は初めての経験に戸惑っていたかもしれない

しかし私はそんなことは意に介さず自らの欲望をぶつけ、そして少女からもそれが返って来るのを待っていた

少女の唇から徐々に唾液がこぼれだした 私はそれを残さず舐め取り、もっともっとと吸い付き求めた

激しく唾液の交換を重ねるうち、少女はのどを詰まらせ餌付いた

私はその瞬間長く突き出て来た少女の舌を逃がさなかった

薄くハリがあって硬い少女の舌をやさしく噛みほぐすように口に含み、吸出し、愛撫した

少女も私の舌を捕らえ、吸い出そうとした

舌を吸い込まれた私は少女の唇に唇を被せ、外側から更にむしゃぶりついた

少女の分厚くめくれ上がった肉感的な唇が腫れ上がりいっそう分厚さを増していくのがわかった

二人は完全に一つになって互いの欲望をぶつけ合い、満足を分かち合っていた

ふと少女の唇が締め付けを増して硬直した

次の瞬間少女の躰はビクッビクッと大きく数回痙攣し、力無くうなだれた

16 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 10:59:27
少女の躰からは完全に緊張が消え、ソファのように私の体に身を投げ出していた

私はかつて無い感動と愛おしさに打ち震え、少女を強く抱きしめていた

今まで何十人という少女と交わってきたが、こんなに幼い少女がオルガスムスに達するのを見たことは無かった

今私がこの体いっぱいに抱きしめているものは、この世で最も美しいものだ

私は少女が自分から起き上がろうとするまで、唇を重ねたまま抱きしめ続けた

しばらくすると少女は大きく一息つき、膝を立てた

私はシャワーを取って、長い間二人の間を取り持ってくれた石鹸の泡を流した

髪を流し久しぶりに目を開けた少女の顔は、ついさっきまでとは違って見えた

自分が男に欲情し、男を欲情させることのできる女だということを自覚し始めた目だった

少女を立たせ、下半身を流しながら下腹部にシャワーを当てた すると驚いたように少女は腰を引き、前を隠した

私が悪戯心でもう一度その綺麗な割れ目に狙いをつけたら、少女はバスタブを飛び出した

追ってみると少女は便器に座ろうと腰を下ろしかけている 私は反射的に少女が何をしようとしているか判った

私は少女が便器に腰掛けることを許さず、赤ん坊のように抱きかかえてバスタブに連れ戻した

そして股間を手で押さえてモジモジする少女を、バスタブの縁の上にしゃがませた

私の中で沸々と湧き上がってくる欲望が、内側から最後の僅かな理性の壁をも突き破ろうとしていた

17 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 11:00:22
バスタブの縁にしゃがんだ少女の顔には新たな不安が浮かんでいた

目の前の男がこれから自分にしようとしていることが理解できなかった、いや予測できなかったからだ

放尿を禁じられた少女は、バスタブの縁の上でモジモジしながらやっとの思いでバランスを保っている

私は少女の前に低くしゃがみこみ、両脚の間に分け入って無毛の谷間をじっと見つめた

少女は恥ずかしがって身を捩るが手で隠すことは出来ないでいる

私の肩に掴まっていないと滑り落ちてしまいそうなのだ

少女が右に左に身を捩るたびに、大陰唇が開いては閉じ、未発達の雛先が見え隠れする

私は少女の顔を見上げ、目で許しを請うた

少女は私の意図する所に気付いたのか、驚きと同時に嫌悪感を露にし、首を横に振った

私は少女の顔をじっと見つめ、少女が拒むのを止めるまで懇願し続けた

数分後、少女は首を横に振るのを止め、諦めの表情を見せた

私は再び少女の股間を見つめ、狙いを一点に定めて近づいた

そしてふくよかな太股のつけ根に顔をうずめ、狭間に舌を這わせた

18 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 11:00:55
少女は不安定な姿勢で両足をM時に開き、尿意を我慢しながらまさにその部分を貪られていた

私がどうしてそんなことをするのか、また本当に望んでいるのか少女には理解できなかったろう

私はセックスよりもクンニリングスが好きだ

愛する者を最も直に感じたいとき、私はそれを舌で味わうことを望む

舌で味わうことが何よりそれを身近に感じ、深く愛する術だと信じるからだ

少女のそこは野性味豊かな香りがし、中からあふれ出す蜜は金属のような酸味が舌を衝いた

私はもっと少女のことを感じ取ろうと、幼い雛先にむしゃぶりついた

小さな実を舌で転がし、快感を貢いでは新鮮な蜜を見返りに無心した

少女は腰を捩り、快感を得ながらも我慢の限界を迎えようとしている

私はめくれ上がって露になった尿道を刺激し、少女を更に追い詰めた

そして大きく口を開けて少女の顔を見上げ、すべてを受け入れる準備があることを示した

少女の全身に緊張が走り、硬直しながら小刻みに震えているのがわかった

もうすぐだ・・もうすぐ・・・

そしてついに少女は力尽きた

塞き止められた激流は決壊した狭間から怒涛のごとく流れ出した

私は口を大きく開け、激流の押し寄せる先で待ち構えた

口中と言わず顔面まで私は、温かく、塩辛い美酒にまみれた

よほど我慢していたのかその量はかなりのもので、私の乾きを潤すのに充分だった

私は最後の一滴までも溢してしまうのが惜しく、雫が止まった後も少女の秘部の周囲を残さず舐め取った

少女の顔は快感と興奮と罪悪感とが複雑に入り混じり、戸惑いを隠せないようだった

24 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 17:35:31
少女の愛液だけに止まらず尿までも味わった私だったが、まだ満足していなかった

バスタブでの戯れが私の内なる欲望を呼び覚まし、はちきれんばかりにいきり立っていたのだ

私は少女を抱きかかえ、もう一度ベッドに寝かせた

少女は先ほどとは明らかに違う私に気づいたのか、シーツを羽織って硬直している

私は少女の上に覆いかぶさり、顔を背ける少女の唇を無理矢理に貪った

たった今オシッコを飲んだのだから無理もないが、少女は私を受け入れようとしない

私は愛おしさをあえて知らせるかのように、少女を思い切り強く抱きしめた

両脚を絡め、少女の太腿に強張りををこすりつけるように腰を振った

そして嫌がる少女の耳、首筋、脇の下と、少女の匂いを感じる部分をすべて舐め回していった

私の執拗な愛撫に少女は徐々に観念していく

乳房に吸い付いたときには、胸を隠そうとする両腕の抵抗が弱まってきた

私は少女に許しを乞う様に少女の肌に舌を走らせた

そして私の舌が再び少女の雛先を捕らえたとき、少女は三度私を許した

私は少女にフェラチオをせがんでみることにした

少女を座らせ、立ち上がって少女の口元に先走った肉棒を宛がって顔色を伺った

少女は汚いものを見るような目で首を横に振り、激しく拒絶した

私がオシッコを飲ませようとしていると勘違いしたらしい

私はやや強引に口に押しつけ、舌を出して見せた

「ノードリンク、オンリーキス、キスミーOK?」

すると少女は舐めるだけでよいと理解したらしく、恐る恐る門戸を開放した

少女の口の中は熱く、ねっとりとした感触と硬い歯の刺激が混在していた

初めて経験する少女のフェラチオはお世辞にも気持ちのよいものではなかった

しかし、肉感的な唇がペニスを包み、緩んでは引き締まるのを見て私の衝動は高まった

少女の口元からよだれが糸を引いて滴る

ああ、たまらない

私は少女の口元を手でぬぐい、自分の口に運んだ

25 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 17:36:01
欲棒を包みながら前後に行き来する少女の唇を見つめながら、私は少女の髪をなでていた

少女は自分が今置かれている状況に合点がいかないらしく、上目遣いに私を見ながら確かめていた

私は心の中で「そう、それでいいんだ いい、もっと続けてくれ・・・」と訴えながら少女に頷いた

その時足元に変な感触を覚えた

何か冷たいものを踏んだのだ

よく見ると、シーツに同じ楕円形の染みがいくつも付いていた

少女の雛先が付けた染みだ

私に快感を与えることでも興奮を覚えていたのか、少女は咥えては姿勢を変える毎にシーツにその痕跡を克明に残していた

しかも硬直した男根を口いっぱいに頬張って、そのことに気付いていないようだった

少女のよだれを啜っていた私は、その蜜までも欲しくなった

少女の頭を押さえ、二人の接合点が口から抜けないように少女の裸体を横たえた

鏡には、まるで男根に食らい付いてぶら下っているかのような少女の横顔が映っている

私は少女の豊満な太ももに分け入り、もうひとつの唇を開き確かめた

少し白く濁った粘液が小陰唇から菊門まで垂れ落ちていた

私はまず鼻でその谷間をなぞり深くその匂いをかいだ

そこは先ほどとは比べようも無いほど強く、野性味を増した強烈な若さの香りがした



26 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 17:36:39
私は少女の股間に顔をうずめ、顔を擦りつけた

どんなに擦り付けてもうっすらと口を開けた泉からは、蜜が途切れることなく

私の顔と少女の股間はたちまちドロドロになっていった

強い匂いが鼻を突き、私の衝動を駆り立てる媚薬となった

私はその蜜つぼに舌を分け入らせ、更に菊門に舌を尖らせた

少女の菊門はキュッと引き締まり、私の下を拒み続ける

私は何度も何度も開かずの門をノックし続けた

硬く閉ざしていた門は次第に緩くなり、ほんの少し来訪者に対して扉を開いた

それはまるで扉の隙間から外を覗うかのような不安に満ちたものだった

私は扉の隙間に舌を滑り込ませ、むなしく抵抗するかのように暴れさせた

すると少女の体に緊張が走り、私の肉棒に刺すような刺激が伝わった

アナルを刺激されて思わず歯を立てたらしい

私が続けて舌を暴れさせると、歯はいっそう強く連続的に肉に食い込んだ

痛みに反して私の興奮は高まり、苦しみに比例して私の舌の動きは加速した

雛先からは更に蜜が零れ落ち、私の首筋までもドロドロにしていた

私の腰は無意識に動き始め、少女の歯に捕らえられた肉棒を自虐した

次の瞬間、少女の体が痙攣し私の顔に暖かい雨が降り注いだ

それは量こそ少なかったが、塩辛く強い芳香を放つ恵みの雨だった

私は恵みの雨を啜ろうと、ドロドロに穢れた少女の股間にむしゃぶりついた

そうする間も少女の歯は硬く膨張した破裂寸前の肉棒を捕らえて放さない

私の腰はそれでも更に激しく往復し、自らを痛めつける

やがて私は、少女の口の中にその日二回目の満足を解き放った

少女と二人で分かち合った初めての絶頂だった

28 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 17:39:29
私の硬直した全身は糸が切れたかのようにぐったりとうなだれた

少女もまた同じだった

私の顔面には少女の蜜が垂れ落ち、少女の口からは私の精液が滴っていた

私たちは自らの舌で互いの事後処理を肩代わりしあった

そして起き上がると二人でシャワーを浴び、互いの体を清めた

私たちに気まずい雰囲気はなかったが、互いに一言も話さなかった

シャワーを終えて体を乾かした私たちは再びベッドに身を投げ出して身を寄せ合った

どういうわけか二人とも疲れきったようにそのまま眠りに落ちてしまったのだ

しばらくして目を覚ますと、外はもう夜の帳が下りていて 近くのホテルからカラオケの大音響が聞こえてくる

私は少女を起こしてやった

少女は遅くなったことに気づくとあわてて服を着始めた

私は少女に約束の金に少し色をつけて渡し、 土産でいっぱいになった袋を持たせて外に連れて出た

遅い時刻ではないが、外は真っ暗なので一緒に少女の家まで歩くことにした

予想していたとおり、少女の家は家と呼べるようなものではなかった

どこかに落ちていたベニヤを何枚かあわせて囲っただけのようなもので 雨さえしのげるか怪しいものだった

少女が中に入ると、飲み物や食べ物がいっぱい入った袋を見て家族が歓喜の声を上げた

私はその様子を見届けてその場を離れた

二三歩歩き出したところで、後ろから「オークン・・」と頼りなげな声がした

私は振り返ってニコッと笑って手を振り、ホテルに帰った

29 :名無しさん@ピンキー:2007/09/14(金) 17:40:00
翌朝、私はシェムリアップに向かおうと早々に荷物をまとめてホテルを出た

すると、ホテルの前に少女が傘を差して立っている

少女は私に気付くと嬉しそうに駆け寄ってきた

私はシソポン行きのピックアップまでまた傘を差してもらうことにした

相合傘で歩く二人はちょっとした恋人みたいな気分だった

ピックアップの前で行き先を確認して私は荷物を荷台に放り投げた

そして少女に最後の報酬を渡した

少女はそれを受け取るととたんに寂しそうに顔を曇らせた

私は思わず少女を強く抱き寄せていた

クラクションが鳴り、運転手が早くしろと催促している

私は少女の目を見てお別れを告げ、少女はそれを悟ってうなずいた

私は二台に乗り少女の方を見た

ピックアップが走り出し、少女もそれを追って走り始めた

傘を片手にかけてくる少女の姿はだんだん小さくなり、霞んでいく

私はその霞んでいく少女をいつまでも見ていた

街中を抜け、地道に出たピックアップトラックはスピードを上げた

それでも少女は手を振りながら走っていたが、やがて立ち止まり私のほうをじっと見ていた

そして少女はくるりと背を向け、ポイペトの町に戻って行った


気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア