中学時代の放課後、友達グループで異性の裸の話になって・・【えっちな体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 複数挿入なしかわいい

中学時代の放課後、友達グループで異性の裸の話になって・・【えっちな体験談】

中学の頃、男×3、女×2の仲良しグループでよく放課後の教室でおしゃべりしてた。

で、あるとき話が男と女の体の構造の話になった。
佳菜が「男のアソコって、どうなってるの?」と俺たちに聞いてきた。
俺は「じゃあさ、女のアソコって、どうなってるの?」と逆に聞き返した。

亜紀は「えー?別に・・・普通だよ・・」とあいまいな答えを返した。
敦夫が「じゃあさ、ちょっと見せっこしてみようよ」と笑いながら明るく言った。

女は二人とも「え~??」と言って互いの顔色を伺いながら苦笑いしてる。

「ほら、見てみろよ」とモジモジしてる女に向かって、敦夫は自分のものを出した。
俺の中学は田舎だから、当時は男も女も体操着だった。(田舎の中学では、学生服よりも体操着で過ごす時間が長い)

敦夫はさっと出したかと思うと、すぐにしまった。
出したのは一瞬だけど、女は「信じらんないー」とか言って大騒ぎだった。
敦夫は一人じゃ恥ずかしいからみんなで出そうと言って、俺たちにも出すよう促した。
そこで俺たちは教室の外から見えないように窓際に行って、窓の下の壁に遮られて外からはモノが見えないように膝立ちになって、一緒にものを出した。

女は俺たちの前に座り込んで外から見えないようにして、それで俺たちのモノを観察した。
女性陣は照れ笑いしながらも興味津々で、大騒ぎしながら見入ってた。
俺が亜紀に「あっ、触ってもいいよ」と冗談ぽく言ったが、亜紀は照れ笑いして佳菜の肩の後ろに顔を隠してしまい、結局触らなかった。

佳菜は平然としてて「じゃあ、ちょっとだけ」と言って、恐る恐る俺のものに触った。しごくのではなく、撫でるような感じでゆっくり触られた。
棒をつまみ上げて棒の裏を覗いたり、玉の転がしてみたり結構大胆だった。
玉の裏にまで手を伸ばされたときに、電気が走ったような感じになって、俺は思わず腰を引いてしまって、それで佳菜も手を引っ込めて終わった。
触ってから佳菜は「まさか○○(俺)の触るなんて思わなかったよ」と笑いながら言った。

いつもは俺の目を見ながら話す佳菜が、うつむいて照れ笑いしながら話すのを見て、俺は妙に興奮した。
今まで俺たちはエロバナぐらいはしたけど、こういう展開になるなんて一度もなかった。
しばらくして俺が「じゃあ、今度は交代ね」と言うと、男は全員ものをしまった。

俺たちとしては下を見せてもらうつもりだったけど、佳菜は何を勘違いしたのか、床に座ったまま上を捲くり始めた。
佳菜の後を追って、亜紀も上を捲くり始めた。
当時は二人とも上はTシャツの上に体操着、下はブルマの上に体操着という格好だった。

二人は体操着とTシャツを一緒に捲くり上げ始めたが、もう恥じらいのオンパレードで捲くるのがえらくゆっくりだった。
しびれを切らした男どもは「もうちょっと早くやってよ」とか「ほら、ぱっぱと見せて」と何度も女に催促を促した。

結局、二人ともブラの下辺りまでは見せたんだけど、そこからが進まない。
でも、ただお腹を見せただけだというのに亜紀はもう耳まで真っ赤で、顔は引きつってた。

佳菜はブラの下まで見せてもまだ余裕があって、頬を赤らめながら「ヘヘへ」と何度も照れ隠しの笑いを見せた。
我慢できなくなった俺が「手伝うよ」と言って、佳菜のブラのホックを外しにかかった。
佳菜は「ちょっと・・・」と言って、俺を遠ざけようと近づく俺を押し返した。

「大丈夫だよ。落ち着いて。佳菜も早く終わらせたいだろ。」と言って佳菜の頭を撫でた。
佳菜が手の力を緩めたので俺は佳菜に近づいて、背中に手を回して手探りでブラのホックを外した。
初めてブラのホックに直接触ったけど、何とか外すことができた。

ブラを外した瞬間、佳菜が「え~!」と困ったように言うのを聞いて、俺はまた興奮した。
すかさず俺は、佳菜のブラとTシャツと体操着を一緒に上に捲り上げた。男たちからは歓声が上がった。
胸をみんなの前にさらけ出されて、佳菜は笑顔も消えてうつむいてしまい、みるみる真っ赤になった。

俺は佳菜に「少し腰上げてくれる?」と言って佳菜のズボンに手をかけた。
佳菜は「ちょっとやだ。待って」と俯きながら言ってズボンを抑えたが、
俺は「大丈夫。早く終わらせようよ」と言って佳菜の足の当たりをポンポンと叩いた。

ちょっと間をおいてから佳菜は覚悟を決め、ズボンから手を外して腰を上げ、脱がしやすいようにしてくれた。
ちょうど体育すわりのまま腰を上げた格好になった。
俺が佳菜のズボンとブルマとパンツを一緒に一気に膝辺りまで下げると、佳菜は「ちょっと…」とか言ってまたズボンを手で押さえた。
ヘアが見えたので、男たちからまた歓声が上がった。

そのときの俺はもう理性が飛んでいた。
俺は、突然佳菜の上の体操着をもう一度完全に捲り上げて胸を出すと、佳菜の乳首に吸い付いた。
乳首を吸われた瞬間、佳菜は「はあっ」と声を上げて仰け反った。その後も佳菜は「ああ」とか声を出してた。
同級生のあえぎ声を聞いて、俺のあそこは触ってもいないのに昇天してしまった。

「ちょっと、もう止めようよ」。亜紀がそう言って俺を佳菜から引き離した。
亜紀が俺を引き離すまで4、5秒だったが、その間佳菜は全くの無抵抗で俺に胸を舐めさせていた。
俺がパンツを下ろしたとき、佳菜は膝まで下ろされたズボンを両手で必死に掴む体勢だった。
で、体育座りをして、足と体でヘアが見えにくいように隠していた。

ここから先は聞いた話。
俺は射精の快感と乳首の感触に神経が集中してて、佳菜の姿勢とか細かいところはよく覚えてなかった。
俺が佳菜の上着を上まで捲り上げ、邪魔な佳菜の片手を強引に外して胸を舐めると、佳菜はのけぞって声を上げると同時に、体育座りして折り曲げてたひざをぴんと伸ばしたらしい。
ズボンを掴んでた手は片手は俺の肩辺りを掴み、もう片手は床をいじってたようだ。

ちょうど床に座る男どもに向かって足を投げ出して、ヘアを隠しもせず足をモジモジ動かしてたので、敦夫と剛はマムコも見たそうだ。
上着は胸の上まで捲くられ、パンツは膝まで下ろされた状態で、ヘアを隠さず身もだえする佳菜を見て二人は動くのを忘れるほど興奮してた。
仰け反って声を上げる佳菜の表情はたまらなくエロかったと二人は言ってた。

とりあえずそれで終わり。男どもはみな直ちにトイレに向かった。
その後、気まずいながらもみんな一緒に帰った。

無言は堪えられなかったので、洩れたちは懸命に明るく話しながら帰った。
その後一月ぐらい、俺は佳菜に対して異常に優しく接した。
佳菜も最初は不自然なほど明るく振舞ってたけど、やがて元の気を使わない関係に戻った。

亜紀は、結局一人だけ脱がなかったわけだけど、高校卒業してからまた5人で集って飲んでるときにそのときの話になって、「亜紀だけ一人脱いでないよな」「今脱いで、みんな仲間になろうぜ」とかいう流れになった。

結局、もうみんな中学生じゃないので、当時の佳菜以上に派手はことされてた。

ヒメカノ ダウンロード販売


亜紀を脱がしたときの話。
亜紀は色素が薄い人で、目も髪も外人みたいな茶色で、肌も真っ白だ。細身で、背も結構高くて164。胸はCぐらいかな。

かなりもてるし、偏差値も学歴も俺たちの中では最優秀だ。
高校卒業後、俺と佳菜と亜紀は東京の大学へ、剛は実家を継ぐために地元専門学校へ、敦夫は地元の大学に行くことになった。
で、みんなでディズニーランドに行こうってことになって、俺の家は都内にしては結構広いので(一人暮らしだけど2K)前日、みんな俺の家に泊まりに来た。

翌日は頑張って朝早くからディズニーランドに行って、みんなでめいっぱい楽しんだ。
夜になって、荷物なんかは全部洩れの家に置いてあったので、みんな俺の家に帰って来た。朝から遊んだからみんな疲れたみたいで、帰ったらいつの間にかみんな寝てた。

俺はまだ余裕があったから、押入れから布団を出して全員にかけてみんな起きてから宴会するだろうから、その下準備の買出しなんかをして、シャワーを浴びてから寝た。
(みんな俺の家のシャワーを使うので、みんなが寝てるときはシャワーのチャンス)

起きてから宴会を始めると昔話になり、みんなで見せっこしたときの話になった。

でみんな「あのとき、亜紀ひとりだけ脱いでないよな」「ねー、なんだかねー」とか言い始めた。

みんな冗談半分だったのに、亜紀は
「あのね…あのとき私も脱ごうと思ったんだけどね…でも、あれで限界だったの。ごめんね」と真顔でマジレス。
亜紀が恥ずかしがりなのは知ってるから、正直、あのとき亜紀が脱ぐなんて実は期待してなかった。
でも、亜紀はそのことを結構気にしてるみたいだった。亜紀にはそういうところがある。

彼氏が徹夜で試験勉強頑張ってるときは、亜紀は徹夜する必要なんかないのに、彼氏に付き合って一緒に徹夜したりする。

みんなが苦労してるとき、意味もなく一緒に苦労してしまうタイプだ。

まあ、亜紀のそういうところ大好きだけどね。

敦夫が「じゃあ、今脱いでみんなの仲間になっちゃえば」と言った。
亜紀は「えー??」と驚いて、その後は絶句してうつむいてしまった。

俺たちの中では亜紀は一番の良識派。なかなか羽目を外さない。うつむく亜紀には余裕がないっぽくて、なんか本気で思いつめてる風だった。

可哀相になった俺は、
「亜紀一人だけ脱ぐのは可哀相だからさ。じゃあ、みんなでゲームやろうよ。山手線ゲームで、負けたら、一杯飲んでさらに脱ぐってのはどう?」と言った。

ちなみに山手線ゲームとは、例えば「野球選手」とかテーマを決めて、そのみんな野球選手の名前を順に挙げていくゲーム。

順番が来ても選手の名前が言えなかったり、既に挙がってる選手の名前を言ったら負け。テーマは「サッカー選手」、「力士」など次々に変わっていくというポピュラーなゲームだ。

佳菜が「えー?それってなんか、全然趣旨変わってない?」と言った。
俺が「いや、そのまま山手線ゲームやるんじゃなくてさ、亜紀には少しハンデを背負ってもらうんだよ。みんなは順番に一つずつ答えるけど、亜紀には連続で二つ答えてもらう。どう、これならそんなに趣旨外れないでしょ?」と言った。
男どもは俺の提案に大賛成だった。
佳菜も「まあいっか」見たいな感じ。

亜紀はみんな盛り上がってるので、断りきれずなんとなくOKて感じだった。
実際ゲームをやってみると、亜紀はもちろん負けてたけど、それ以上に男どもが弱かった。

亜紀も佳菜も女の子だから酒はセーブして飲んでたみたいだけど、男どもはここに来るまでに潰れる勢いで飲んでるので、もうあんまり思考能力が残ってない。

しばらくすると、佳菜はほぼ無傷、男どもはみんな半裸、亜紀はもう次に脱げば下着が見えるみたいな状況になった。

で、亜紀が負けて、とうとう下着を見せざるを得なくなった。
ところが、亜紀はカットソーの片手だけ脱ぐと「これで許して」と言ってきた。
男どもは不満のようだが、佳菜が「まあいいじゃない。次いこ」と言ったのでゲーム続行。

亜紀は負け続け、カットソーのもう片方の手を脱ぎ、ついにはカットソーを脱がなくてはならなくなった。
「みんな、向こうむいてて」と言って亜紀はカットソーを脱いだ。

「もういいよ」と言って振り返ると、確かに上は脱いでブラだけになったが、でもカットソーで前を隠してた。
「その服どかしてよ」と敦夫が言うが、「次負けたらね」と冷静に返す亜紀。

亜紀のスレンダーな白い肌が、酒と恥ずかしさで赤くなっているのを見て、俺は妙に興奮した。
また亜紀が負けて、胸を隠してたカットソーを手放すことになり、その後も亜紀が負けた。
亜紀はスカート+パンツ+ブラという格好。髪留めなんかも負けて外してしまったので、髪はさらりと下ろされている。

亜紀はまた、みんなを後ろに向かせて脱いでるけど、なんかえらく時間がかかる。
途中振り向こうかと何度か思ったぐらいだった。

長い時間の後、ようやく亜紀が「もう、いいよ」と聞こえないぐらいのか細い声で言った。
振り返ってみると、スカートを脱ぐのかと思ったら、なんと亜紀はブラを外してた。
上半身は何も身につけず、全身真っ赤にして、手で胸を隠す亜紀はめちゃ色っぽい。

大分緊張してるようで、目は頼りなく泳いでるし、体は落ち着き泣くモゾモゾ動かしてた。
「ごめんね。これ以上はだめみたい…」と泣きそうな声で亜紀は言った。

通常なら「うん。よく頑張った。お疲れ」とか言って、ここで終わりなんだろうけど、そのときは、酒と異常な雰囲気のせいで俺たちはおかしくなってた。
剛が「やっぱりさ、亜紀一人脱がせるのも可哀相だし、俺たちもつきあってやろうぜ。
こういうのも一緒にやったほうが、友情ぽくていいんじゃないか?」と訳のわからない提案。

佳菜は大笑いして「ちょっと待ってよー。全然意味わかんないんだけどー」とか言ってたけど、結局、下着までぐらいまでならOKということになった。
男どもは「ごめん。今回はちょっと大きくなってるよ」とか自己申告しながら、パンツ一丁になった(前回はみんな勃起してなかった)。

佳菜は「やだー。ちょっと、うそでしょー」とか言いながらも、とっても楽しそう。
佳菜も、亜紀と同じくみんなを向こうを向かせて、下着だけになった。
脱ぎ終わって佳菜が「はい。もう終わったけど、見ちゃダメだよ」と言った。

話しかけられたので、俺たちがつい無意識のうちに振り返ったら、「ほら、こっち見ないの」と佳菜が冗談ぽく笑った。
佳菜はピンクの下着。
中学の頃とは違ってDはありそう。恥ずかしいときに「ヘヘヘ」と照れ笑いするところは相変わらず。

佳菜の明るさに釣られて、亜紀も表情が柔らかくなっていった。
敦夫が「はい。じゃあ亜紀の番ね」と言った。
亜紀は「え??あたし??」と、何をすればいいのか分からない様子。

敦夫は続けて「ちょっとそこに横になって」と言った。
亜紀は「え?何するの?」と言いながらも、すんなり言うことを聞いて、その場で仰向けに横になった。

敦夫は「あのときの続きだよ。ちょっと見せてね」と言った。
亜紀は驚いて起き上がろうとするが、敦夫は亜紀の肩を抑えて、「心配すんなって。そんな酷いことはしないから」と笑顔で言った。
肩をおさえられて、亜紀は起き上がるのをあきらめておとなしくなった。

俺たち男は亜紀の周りに群がっていった。半裸の状態で下着姿のみんなに囲まれて、
亜紀は「ちょっ、やだ。怖いよ。何するの?」とパニック状態。目は潤んでた。

敦夫が「じゃあ、スカートから下ろすから」と言うと、スカートのファスナーとホックを外した。
亜紀は「えー???ちょ、ちょっと待って」と言ってるが、ほとんど抵抗できない。脱がし始めると、亜紀は片手で胸を隠し、片手で顔を覆って、声も出なくなってた。

亜紀は片手で顔、もう片手で胸を隠してて、スカートを抑えることをしなかったので、スカートはすんなり亜紀の体から引き抜かれた。

亜紀はパンツ一枚だけになった。
亜紀の白いパンツを見るともうグッショリ濡れてて、はっきりと染みが分かった。

スカートより先にブラを外したのは、きっとこの染みを見られたくなかったんだろうな、と俺は心の中で思った。
男どもが思わず歓声を上げると、亜紀はまた真っ赤になってた。相当恥ずかしいらしく、亜紀は無言のまま、落ち着きなくモジモジしてた。

剛が「下より先にまず胸を見せてよ」と亜紀にいうと、亜紀は蚊の泣くような小さな声で「え…」とだけ言った。
剛に「胸の手をどかしてよ」と言われて、言われるままに手を動かすが、でも少しずらす程度で、乳首さえ見せない。

剛は亜紀の両手を持って、ゆっくりと左右に大きく広げた。
亜紀は「あぁ…」と小さく声を出して、顔を横に向けて目を閉じた。
また耳まで真っ赤になった。犯されてるような声に、俺は超興奮した。

強引に手を大きく開かれる亜紀は、レイプされてるぽくて異常に興奮した。
「じゃあパンツも行くよ」と敦夫が言って、ゆっくりパンツを脱がし始めた。
「やだ。ちょっと待って」とようやく亜紀が声を出したが、敦夫は聞いてない。

両手を剛に大きく開かれたまま、亜紀はゆっくりと最後の一枚を下ろされた。
パンツを完全に脱がされると、「うおー」と男どもは声を上げた。
男の声に反応して、亜紀はまた今までにないほど真っ赤になった。敦夫が「亜紀、足の力抜いてくれないか」と言った。

亜紀はもう返事も出来ないような状態だった。俺が亜紀の胸を触ると、亜紀は「はっ」と言ってのけぞった。
続けて太ももやわき腹辺りを撫でてると、亜紀は「はああ」と声を出して体をくねらせ、だんだん足の力が抜けていった。

声を必死に抑えようとしてるのだが、それが逆に興奮する。
亜紀の力が抜けていったので、俺と敦夫で、亜紀の足をゆっくりと大きく開いていった。

いざ足を開かれると、また亜紀は足に力を入れて閉じようとしたけど、またあちこち触ったり舐められたりしてるうちにだんだん力を抜いていった。
亜紀は、両手は剛に押さえられ、両足は敦夫と俺に大きく開かれているという超エロエロ状態。

足を開いてみると、亜紀のアソコはさっき脱がしたばかりなのに、もう床に滴り落ちて染みが出来るほど濡れていた。
「亜紀が感じてる」という事実に、もうありえないぐらい大興奮。色素が薄いせいか、乳首もあそこもきれいなピンクだった。

敦夫は亜紀のアソコに指を入れた。
「うう」と呻くような声を出して亜紀が体をくねらせた。必死に声を殺している。
「ちょっと、それやばいって」と固まって沈黙してた佳菜がようやく止めに入った。佳菜が止めに入ったが、もうみんな理性が飛んでるので手を止めない。

剛は自分のものを亜紀の顔の前に出して「亜紀。頼むよ」と言った。
意外なことに亜紀はすんなり咥えた。
また男から歓声が上がった。そんで、剛は舐めてもらいながら胸や耳を触り、俺は胸やわき腹、太もも、クリ、アナルなどを触り、敦夫はアソコに入れた指を動かしてた。
3人に全身を触られて、亜紀は途中何度もフェラする余裕もなくなってフェラを忘れ、感じてた。

佳菜が「ほら、もう止めだよ」と言って全員の手を振り払って、亜紀の上に覆いかぶさって身を挺して止めた。
それで、ようやく止まった。
胸もアソコも隠さずにだらんと横になってる亜紀に、佳菜は上着をかけた。

「大丈夫?」と言う佳菜の問いかけにも亜紀は「んー」と返事にならないような返事で、しばらく服も着ず床に寝転んでいた。
俺は止まらなくて、その後佳菜に胸触らせてもらったりしてた。
その後しばらくしてから服着て、変な雰囲気で飲み直してたらいつの間にかみんな寝てた。

次の日、みんな家でごろごろしてるとき、亜紀が起きた。
男どもは酒が抜けて自己嫌悪に陥ってたので、亜紀が起きるなり剛と俺は土下座して亜紀に謝った。
騒ぎで起きた敦夫も、土下座に加わった。
「こいつらも反省してるしさ。昨日のことだけど…あれ、無かったことにしようよ」と佳菜がいった。

しばらく沈黙が続いてから、突然亜紀が「いえ、あったことにしましょ!」と笑顔で言った。
亜紀が語り始めた。

「確かにね、裸見られたりとか、すごいこととかされちゃったりしたけどさ。でも、みんないつも私のこと支えてくれるし、辛いときなんかも一杯元気貰ったしさ。随分お世話になったから、まあ許せるよ。みんなと一緒にバカやってる時間も、あたしにとっては大事な時間なんだよね。今は恥ずかしくて、思い出すだけで赤面しちゃうけど、そのうちきっと貴重な思い出に変わるんだよ。あっ、でももう止めようね。ああいうことは」。

亜紀の話を聞いて、良識派の亜紀がなぜあんな遊びに付き合ったのか分かった。
亜紀はきっと、俺たちが楽しく時間を過ごせるために、精一杯努力してるんだろう。
昨日のことは、恥ずかしがりの亜紀には、相当きついことだったと思う。

それなのに、今も言葉でもまた、俺たちを思いやってる。
大きな犠牲を払っても俺たちのことを考えてくれる亜紀に対して、俺は一体何をしてあげてきたんだろうか。
昨日はあんまり亜紀のことなんて考えてない。亜紀の話を聞いて、自分が情けなくなった。

それで、亜紀に向かって、亜紀がどれだけ俺たちのことを考えてくれてるか分かったこと、深く考えずに欲望に任せて動いてしまって申し訳ないと思ったこと。やっぱり、亜紀はいいヤツだと思うことなど自分の正直な気持ちを話した。
話してる途中に思わず涙が出た。
亜紀はティッシュを持って俺のところに来て、そんで、顔を俺の肩に乗せて、俺の背中に手を回して軽く抱きしめて、「ありがと」と言った。
亜紀は俺から離れて、もらい泣きしがら「ほんと、相変わらずよく泣くねえ」と泣き笑い顔で俺をからかって、ティッシュを俺にくれた。
今は、あのとき亜紀と最後までやらなくてホントよかったと思ってる。

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。