20歳と15歳の2人の妹が俺に惚れていたので・・①【えっちな体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 処女いちゃいちゃ

20歳と15歳の2人の妹が俺に惚れていたので・・①【えっちな体験談】

もう少しで22才になる妹と関係を持ったのは去年の成人の日だった。

正確にはその翌日なのだが、それは後ほど話します。
成人式当日、妹は朝早くから振袖を着る為、美容室へ行きそのまま式場に向かい式典が終わると、
今度は親戚まわりをして夕方帰宅するや直ぐに私服に着替えると今度は友達と飲み会へ出掛けた。

そろそろ日が替わる頃、妹の携帯電話から俺の携帯に掛かってきた。
俺はいつもの様に応対すると聞き慣れた妹の声とは明らかに違う声が聞こえてきたので一瞬戸惑ったが、
直ぐにその声の主が妹の友人である事がわかった。
「あのー…良子ちゃんのお兄さんですか?」
そう聞いて来た娘に俺は素直に答えて「あー…うん、そうだけど…君は?」と逆に尋ね返した。
すると「あっ!私、良子ちゃんの友達の稲垣あかねって言います」と彼女は答えた。

そして「実は良子ちゃんが酔い潰れちゃって、タクシーで送ろうと思ったんですけど、
良子ちゃん完全に酔い潰れちゃって起きてくれなくて、どうしようか悩んで悪いと思ったけど確か前に、
お兄さんが居る事聞いていたから良子ちゃんの携帯勝手に触って、
それで、お兄さんの番号見つけて掛けたって訳です」と話して来た。
「そうだったの!?ごめんね…妹が迷惑掛けちゃって…」
妹は昔から一度寝てしまうと中々起きない、ましてや今日は朝早くから、
着付けや挨拶回りと忙しく動き回った後に酒を飲めば酔い潰れて起きないのも納得する。
「で、何処で飲んでるの?直ぐに迎えに行くけど?」そう話すと場所を聞き車で迎えに行った。

店には30分も掛からずに着いた。飲み屋だと言うのに広い駐車場がありほぼ満車だったのには驚いた。
店は深夜2時まで営業してるので俺が入って行くと店員が来客と思い「お一人様ですか?」と尋ねてきた。
それに俺は「あ、いや…酔い潰れた妹を迎えに来たんだけど…」と、バカ正直に話すと
「あっ!こちらの席ですか?」と心当たりのある席へ案内された。

奥の座敷席で三人の女のコがテーブルを囲んで、おしゃべりを楽しんでいた。
そのテーブルの向こう側で座布団を枕代わりに酔い潰れている妹を見つけた。
俺の姿に気付いた一人の娘が「あっ!もしかして良子ちゃんのお兄さんですか?」と声を掛けて来た。
それに俺は「あ、うん…あかねちゃん?」と尋ねると「はい!」と笑顔で答えてくれた。
「ごめんね妹が…良子が迷惑掛けちゃって」と謝ると「いえ、こちらこそ、勝手にお電話してしまって…」と今時の女の子にしては礼儀正しく謙虚な言葉を掛けて来るので、
「そんな…悪いのは全部、良子なんだから気にしないでハハハ」
と軽く愛想笑いをして、あかねちゃんを窘めた。
「それじゃ早速回収していくね」と酔い潰れた妹をお姫様抱っこでひょいと抱え上げると、
あかねちゃん達からざわざわっと何やら、『スゴーイ…カッコイイ?』なんて声がうっすら聞こえてきた。
すると、あかねちゃんが「お兄さん凄く体格いいけど何かスポーツやってました?」って聞かれたから、
「いや…特に何もしてないけど」と答えると、「そーなんですか!」と、かなり驚いていたが、
そんなに驚くものなのかと思ったのを覚えている。

回収した妹を抱えながら店の外へ出ようとすると、
あかねちゃんが後から付いて来てドアの開け閉めを手伝ってくれた。
そのまま駐車場へ行き、更に車のドアも開けてくれた。
助手席に妹を乗せ、シートを倒してドアを閉める。
そして、手伝ってくれたあかねちゃんに「わざわざ、ありがとうね」と御礼を言って別れた。

超孕ませ ダウンロード販売

取り合えず走り出したが、正直こんな時間に家に帰ったところで、酔い潰れている妹を再び抱え、
部屋まで連れて行くのは一人では無理で、だからと言って家族の誰かを起こすわけにもいかないので、
しょうがないので妹が起きるまでこのまま車の中で待つことにした。
だけど、路駐って訳にも行かないので、俺のお気に入りの秘密の場所へ移動した。
そこは小高い山の上にある、道路脇にあるちょっとした駐車スペースで、昼間は休憩する車もあるが、
こんな真夜中には誰も居らず、また、夜景が綺麗な場所でもあるので、
彼女が出来ると決まってこの場所へ一度は連れて来ると、大抵の彼女はこの景色に酔いしれ、
そのまま車の中で最後まで…と言うパターンだ。
そんな場所だから長時間駐車していても誰にも迷惑が掛からず安心して駐車出来るので、そこへ移動した。

AM1:30頃到着して俺も少し眠くなったので、シートを倒して目を閉じた…。
一時間程した頃、ゴソゴソと物音がして目が覚めた。
隣で寝ていた妹が俺の方へ向く様に寝返りを打つ音だった。
俺も妹に向き合う形に姿勢を変えると、ゆっくりと妹の目が開かれた。
暫くボーっとして、何度か目をパチクリ瞬きする妹に「おはよう」と声を掛けると「お…は、よう?」と、何だか訳が分からないと言った表情で答えると、ハッと起き上がりキョロキョロと辺りを見回すと、
「ここ何処!?」と聞いてきた。
それに俺は「ここ何処?じゃねーよ!まったくぅ酒飲んで酔い潰れやがって!」と、
俺も起き上がり軽く妹の頭を小突いた。
すると「あちゃ?マジぃ??」と両掌で顔を覆いバツの悪そうな態度になった。
そこで「お前の友達の、あかねちゃんって娘が連絡してくれたんだよ」
「あかねが!?…や?ん…あかねに悪い事したなぁ?…明日、謝っとかなきゃ…」
と、ちょっとシュンと落ち込んだ感じになったので、左手で妹の頭を撫でながら
「そうだな、大切な友達なら、ちゃんと謝った方がいいな」と、慰めてやると、妹は黙って頷いた。
そしてふいに、「あ?帰ったらシャワー浴びよう!」と両手をいっぱいに伸ばし伸びをしながら言った。
「ちょっと待て!帰ったらって、今何時だと思ってんだ!?」と、ちょっと強い口調で言うと、
「ん?」と俺が何を言っているのか理解出来てない表情だったので、
「真夜中の2時過ぎだぞ?こんな時間に帰ってシャワー浴びたりしたら皆起しちまうだろっ!」「え?だってぇ?昼間着物着て動き回ったから汗かいたし、夜は居酒屋で煙草の煙で燻されて臭いんだもん?
このままじゃ寝られないよぉ?」と、懇願する妹に散々いままで爆睡してたヤツが何を!
と思って更に俺は「それに麻衣が可哀想だろ?」と言ってやった。

麻衣とは、その年、高校受験を控えている下の妹の事で、良子と違って将来を期待されている妹で、
その事を言うと流石の良子も何も言えなくなり、「う?どーしよー…」とブーたれるので
「朝になるまで部屋でジッとしてる事だな」と皮肉っぽく言うと、
「あっ!そうだっ!あそこがある!♪」と突然思い出した様に言ってきた。
「ん?何処だって?」「誰にも迷惑が掛からなくて、思う存分シャワーが浴びれる所♪」
そんな場所、この辺にあったか?と考えたが思い当たらず、
とにかく妹のナビ通り30分程車を走らせる事になった。

そこはラブホテルが並ぶ、ホテル街だった。「おっ!お前、ここはっ!?」
「そうだよっ!ここなら誰にも迷惑掛からないし、のんびりシャワー浴びれるじゃん♪」
と、上機嫌な妹に対し俺は、「そーは言うけどなぁ…」何て言っていいか分からなくなってた俺に、
「別に、お兄ちゃんと何をする訳じゃないしイイじゃん!それにホテル代は私が払うからさっ」
と、あっけらかんと言ってしまうのには我が妹ながら関心?いや、呆れてしまった。
俺は適当な安い空いているホテルへ入った。
安い割りに、ソコソコ広くて綺麗なホテルだった。
俺はソファーに座りテレビをつけた。
妹は早速、浴室へ向って中を確認していた。
そしてベッドまで戻ってくると、ごそごそと服を脱ぎだした。
すると、俺に向って「ねぇ!お兄ちゃん、久し振りに一緒に入らない?」なんて聞いてきた。
それに俺は直ぐに『こいつ、俺をカラかってやがんな!』と思い、
どうせ俺が慌てる様子を見て笑うのだろうと思った俺は、逆に妹を慌てさせようと、
「そーだな!久し振りに成人した妹の身体でも、じっくり拝見しようかな♪」と言い返してやった。
当然帰ってくる言葉は『なっ!何言ってるのよっ!冗談に決まってるでしょっ!お兄ちゃんのエッチっ!』と予想していたのだが、以外にも帰ってきた言葉は「うん!いいよっ♪」だった。
その言葉に逆に俺は慌ててしまった。
妹は「いいよ」と言い残すと、直ぐに下着姿になると浴室へ向っていってしまった。
俺は何も言えず、今更、冗談だよとも言えず仕方なく俺も一緒に入る事にした。
その場で着ていた物をサッと脱いで素っ裸になるとバスルームへ向った。

ドアを開けるとシャワーノズルを片手に蛇口の前に背中をドアに向け座り湯温調節をしている妹が居た。
ドアの開く音に気が付いた妹が俺のほうを見るや、立ち上がり「お湯の温度どうかな?」と、
シャワーノズルを足元へ向けて差し出してきた。
そのシャワーノズルから出ているお湯に手をかざし、「ああ、丁度いいよ」と言うと、
「良かった♪じゃあ洗ってあげるね♪」と言って俺の身体を洗い始めようとするので、
「ちょっ、俺はいいから、良子を先に洗ってやるよ」と言うと、
「え!マジィ?やったぁ♪」と喜ぶ顔は、昔一緒に入っていた頃の妹を思い出した。
身体全体を濡らすと、スポンジにボディーソープをタップリ、染み込ませ泡立てると、妹の背中側に回り、
首筋から両腕、背中、尻、両足を洗いきると、残った体の前面部分を洗いにかかった。
背中を洗っている最中「お兄ちゃんとお風呂入るの久し振りだよね?」と妹が言ってきたので、
「そうだな…中学いらいか?」と尋ね返した。
「そーだね、中一の夏前頃まで一緒だったよね」と、昔を懐かしむ様に言ってきた。
俺は立ち上がると妹の右側に立ち、まずは首の回り鎖骨辺りから下に向かい、
谷間を通って腹部を洗い、胸を外側から円を描くように中心に向って洗った。
洗いながら「結構大きいんだな?」と聞くと、「そーかな?そんなでも無いよ…」と言うので、
「何センチあるんだ?」と聞くと「88位かな…」と答えたが、
とてもそんなサイズには思えなかったので、「そんなもんかぁ!?」と疑問視すると、
「わたしカップサイズが大きいから、意外と大きく見えるのかも」と答えた。
たしかにお椀型のオッパイは頂点までの距離よりも、直径のが大きく、張りと弾力がしっかりしていた。
「そーなのかぁ?で、何カップなんだ?」と聞くと、
「EとFの間くらいだけど、どっちかってーとEのが近いかな♪」と答えた。

そのEカップの感触を味わっていた訳ではないが、そんな洗い方をしていると、
「お兄ちゃん、洗い方がヤラシイ?」と言ってくるので、ヤラシイ洗い方ってっ!
って言うか、俺が優しく洗ってやっているのに、そんな言い草は無いだろうと、ちょっとムカついたので、
「ヤラシく無い洗い方ってどんなんだよっ!いーか?ヤラシイ洗い方ってーのはなっ!」
そう言うと俺は持っていたスポンジに更にボディーソープを足して、泡立てると、
その泡だけをいっぱいに取り、背中側にまわり「こーゆー洗い方をヤラシイ洗い方って言うんだよっ!」
と言いながら、両方のオッパイを両手で鷲掴む様に揉む様に洗ってやった。
すると「やだぁ?!」と言うものの、本気で嫌がっている様子は無く、むしろ揉まれる事が嬉しいのか、
なすがまま、されるがまま、俺の手の動きを堪能していた。
調子にのった俺は自分の身体を妹に密着させるようにピタッとさせ、
既にギンギンになったムスコを妹の腰の辺りに押し付ける様にした。
さらにオッパイを揉んでいた…いや、洗っていた右手を下へずらし股間へと移動させると、
縦スジに沿って指を滑らせ、「ここも綺麗にしなきゃな♪」と言いながら、
肉ヒダの内側にも指を潜り込ませ綺麗に洗った。
そして、クリトリスの周りから攻めるように指を動かして行き、
最後クリトリスを指の腹で最初は優しく撫でるように、そして段々と力を加えて、
最後には人差し指と親指で挟むようにしてやると、妹は腰をクネクネと動かしながら、
ハァハァと息を荒く時折「アンッ♪アンッ♪」と可愛い喘ぎ声を上げるようになった。
すると、思い出したかの様に「お兄ちゃん腰に何か当たるよ?」と聞いてくるので、
「ん?これか?」と更にグイグイと押し付ける様にムスコを妹の腰へ押し当てて言った。
すると「うん…」とコクンと首も動かし答えた。
「何かって分かってるだろ?」と逆に聞き返すと、「うへへへ?ん♪」
とニヤニヤ嬉しそうな表情を鏡越しで見えたが、何かとは、はっきり答えなかった。
そこで俺は「よーし、綺麗になったかなぁ?」と、股間を弄っていた手を止めて妹から離れようとしたら、「え!?もっと、洗って…」と首を後ろ斜め上に捻りながら懇願してきた。

②に続きます。

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。