純粋無垢なJCをスク水を着せて調教②【えっちな体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ JCスク水調教鬼畜

純粋無垢なJCをスク水を着せて調教②【えっちな体験談】

①の続き

M字開脚の姿勢のマナカに俺は語りかけた。
お前がした事は許されない事、償いが必要な事、逃げ場は無い事、そしてインターネットの恐ろしさについて。

単純に、俺の奴隷になれと伝えた。
誰にも知られないし、危険も無い、あとはお前の意志だ、と。
姿勢を崩すなと強く命じていたので、マナカは惨めなポースですすり泣きながら顔を落として沈黙した。

お前みたいな子どもが他に償う方法あるのか、と駄目押しするとやはり小さな声で「ありません」と言った。
ビデオカメラの前で宣誓させる事にした。
住所、氏名、年齢、学校名を言わせて、友人の名前に対して奴隷宣言をさせた。
声を大きくさせる為に何度もやり直しをさせ、そのたびに強い言葉で叱った。

「〇〇〇〇〇・マナカ・〇〇は、※※に住む△△校の1×歳です。○○ちゃんに誓って私は変態奴隷に志願します」

実際の映像ではもう少し長く卑猥な言葉を吐かせているが、1時間以上かけてこれを大声で読み上げさせた。
途中までは号泣していたものの、最後には死んだような目になっていてマインドコントロールみたいなものを目の当たりにした気分だった。
あまりに上手く事が運んでいたので、どこか他人事のような気さえしていた。
宣誓を終え、マナカにルールを教えた。
絶対服従の一言に尽きる内容だったと思う。

精液検査 ダウンロード販売

ま、当たり前だよな?と、軽いトーンで促した。
マナカは暗い表情で頷いた。

最初のプレイが肝心だと思っていた。
苦痛や辱めばかりではいずれ潰れてしまう。
抗いようのない快楽に沈める必要があった。

俺の技量不足もあるだろうが、今までに接した女はいくつかのタイプに別れていた。
1イキやすい
2開発次第でイキやすくなる
3不感症に近い

3は論外として、2が面倒だった。
最初のセックスのイメージを拭う作業には時間がかかる。
しかも、連続してイけないとか、イクまで手間がかかるとか、勝手な思い込みの条件を付けている場合が多い。

1なら最初が肝心になる。
自分が何度でもイケる身体だと叩き込む必要がある。
セックスは暗示がかなりのウェイトを占めていると考えている。
2も3も、暗示で再開発するしかない。筋トレに使うベンチにマナカを寝かせ、両手足を固定する。

従順な態度だった。
改めて「拒否、拒絶、許しを乞う言葉の禁止」を確認する。
念押しした上で、俺は電マのスイッチを【弱】に入れた。

大きな音に怯えるマナカの表情がそそられた。
俺はもうニヤつきが抑えられていなかったと思う。

ビデオで撮影しながら、荒い息が止まらなかった。
内股に電マを当てるだけで、ビクリと反応する。
マナカは必死に目を閉じて、唇を噛み締めていた。
「禁止だぞ、禁止だぞ…」と繰り返した。
マナカは言葉を制限されている為、必死に吐息で気持ちを逃がそうとしていた。

電マを少しずつ股間に近付けていく。
じりじりと寄る振動に合わせて、マナカは嗚咽を漏らし始めた。
逃げ場も無く、追い詰められている人間の泣き声はたまらない。
「ヒッ…ィ…ヒィィ…」というニュアンスの声色がリアルで聴ける。
そこに、もう少し濁っているというかくぐもった感じと鼻づまりが混ざる。

垂れている鼻水は、本人も気にしていられない様子だった。
電マの先で軽く撫でるように土手をいたぶると、マナカは声色を変えて腰を浮かせる。

「気持ち良いよな?」「お前は変態だもんなぁ?」と問うと、涙と喘ぎを混ぜた声で、
「はびっ…ぎもぢいぃでずっ…へ、へ、へんだいでずぅっ…」と返事をした。

それが本心でなかろうとマナカは「服従」という命令を忠実に遂行していた。
イキやすい体質なら更に楽に運ぶと考え、控えめなクリトリスに電マを当てる事にした。
既にドロドロに濡らしているが、それが単なる防御反応だったらつまらない。
一度スイッチを切り、ねっとりと割れ目に当てる。

マナカは口をぱくぱくとしていた。
割れ目に押し付けた位置で固定しようと、ガムテで電マをベンチに貼り付けた。

「これからとんでもない気持ちよさがオマ〇コに来るからな…? 覚悟しろよ…」
耳元で囁くと、表情は更に悲壮さを増す。
「“イク、おま〇こイっちゃいます”と何度も言え。叫べ。それ以外は禁止だからな…ほら、来るぞ来るぞ…」
ブルブルと震えるマナカを散々煽って、電マのスイッチを入れた。
よほどの刺激だったんだろう。
この歳の、この容姿の女から出るとは思えない絶叫だった。
撮影しながら顎を掴んで視線を合わせ、口パクで「め・い・れ・い」と伝える。

マナカの目は見開いていた。
最初の「い」を発音するのも必死で、「い、い、いぃーっ…いひぃぃ…いぃぃ…」と、壊れたように呻いていた。

唐突にスイッチを切る。
矢継ぎ早に俺は語りかける。
「一気に来るぞ…気持ちよさが…ほら…いけ、いけ、いけ…」
再びスイッチを入れるとマナカは全力で喘いだ。

忠実ではないが、文字に起こすなら
「あぁぁ…ぃひっ…ああぁイグイグイグっ…い、いっぢゃう! お、おまっ…おま〇ごイッっぢゃいまずぅぅ!いぎひぃあぁっ! おま〇ごぉ! ひぐぅうあぁぁいっっぢゃい…まずっ…!」

普段の大人しい姿からはかけ離れた乱れ方だった。
腰をガクガクを浮かせて、イッたと判断した直後に更に命令を重ねる。

「イけ、もっと、イけ、ほら、もう一回…来るぞほら…」
これを繰り返す。
「イク」という感覚を身体に覚え込ませる。
「わかるか? イってるのわかるか? ちゃんと覚えろよ?」
明らかにイキまくっていたが、俺はしつこく繰り返した。

マナカはその度に狂ったような返事をしていた。
何度目可の絶頂の後、潮まで吹いた。
その時には「で、でぢゃうっ!・・でぢゃいまずぅぅ!」といった表現だった。
「マナカのお漏らし見てください」と懇願させてから許可をする。
その間もイけと命じた。
もちろんほとんど言葉にはなっていなかった。

発狂に近い状態だったので、更に調教を重ねる。
固く勃起した性器を、横を向かせたマナカの眼前に露出した。
サイズはそこそこ普通だが、洗っていない仮性包茎だ。皮を被せたままで口元に近付ける。
「ちんぽしゃぶらせて下さいと言え」このセリフは何十回も言わせた。
その間はイカせなかった。
許可を出さず、ひたすら繰り返させた。
「イキたかったらちゃんと言え」と命じて、何度も何度も言わせた。

そうしてから歯を立てるなと前置きしてマナカの口に性器を含ませ、「イッていいぞ…」と言いながら、口の中で包皮を下ろした。
その時の絶叫は振動としてペニスにも伝わった。
恐らく相当な悪臭がマナカに口内に広がった筈だ。
同時に絶頂を迎え、マナカは白目を剥いていた。

「チンポおいしいです、おま〇こ気持ち良いです、以外は言うな。休まずイキながら繰り返せ。舌でしっかり舐めろよ」
喉の奥まで差し入れた為か、匂いの為か、マナカは叫び狂いながら時折「おぶぉうえぇっ…」と吐きそうな声も出していた。
溜め込んでいたのと、興奮が極限に達していた為、射精は早かった。

口の中に精液を出す事、それを全て吐き出さずに受け止める事、口の中に溜め込む事を命じる。
マナカは何度も頷いた。
射精しながらマナカには何度もイけイけと言い続けた。
歯も当たる拙いフェラチオだったが、絶頂感は大きかった。
大量の精液を口に溜め、なおも喘いでいる為、ゴボゴボと苦しげな音を鳴らしていた。
「飲みながらイッて見せろ」と命じて、マナカは遂行する。
その頃の喘ぎはもう「あ゙ぁぁぁ…あ゙ぁぁあ…」と自我の崩壊を感じさせるものだった。

ビデオを三脚に固定して、よがり狂うマナカに向ける。
俺がいない間も命令に背くな、カメラは見張りだ。
「おま〇こ気持ちいい」だけ言え、しっかり休まずイけよ、と伝え、俺は部屋を出た。

勿論、外出はしない。しばらくドア越しにマナカの喘ぎを聞いていた。
律儀に言いつけを守っている。

そろそろ現実に戻して、そのギャップで更に堕とす事にした。
一旦射精した事で、冷静さもあった。
俺は携帯からスイミングスクールに連絡をする。
「本日レッスン予定の〇〇〇〇〇・マナカ・〇〇さんですが、ヘルパーを持参するようにお伝え願えますか。それから、最近元気が無い様子なので、少し気になるんですが…」 という趣旨だ。
ヘルパーとは両腕に付ける浮き袋で、幼年コースで使用する物だ。
マナカの運動音痴を知れ渡っていたので、スクール側も簡単に了承した。

マナカが部屋に来て、そろそろ2時間になる。
再び部屋に戻った。なおも喘ぐマナカに、命令は守っていたかと確認していると、マナカの携帯が鳴った。
電マを止める。
息は乱れ切っているが、マナカの目に少し色が戻ったように見えた。拘束を解く。
ソファに移動させ、M字開脚を命じる。
フラフラを通り越して、四つん這いで何とか動ける状態だった。
赤く充血した股間が、振動の激しさを物語っていた。

鳴りやんだ携帯を手渡し、かけ直すよう指図する。
マナカは未だ惚けていたが、徐々に我にかえりつつあった。
全裸、M字、撮影という状況で、マナカは事務連絡を受けている。
普段から控えめな話し方が、更にたどたどしい。
何の刺激も与えていないが、余韻のせいか時折ビクリと痙攣する。
事務方からは更に「最近のレッスンはどうか。体調はどうか」と聞かれている。

マナカが無様な姿で受け答えする光景は言葉にならない興奮を覚えた。
電話を終えたマナカはグッタリと肩を落とした。
俺は再び性器を露出させしごきながら、マナカに近付く。
「ひひ…マナカが変態だってバレなかったかなぁ…?」
いやらしさを隠す気はなかった。ニヤニヤと下卑た笑みを浮かべる。
「…大丈夫…だと…思い…ます…」
当然だが、さっきまでのよがり狂う姿は消えていた。
ビデオカメラのデータカードを入れ替えて引き続き撮影し、抜いたカードはPCで再生を始める。
ちょうど電マで壊れ始める辺りだ。

股間への刺激は充分を判断し、手付かずの巨乳を堪能する事にした。
ソファの背もたれに腰掛け、前にマナカを座らせる。二人でPCを鑑賞する姿勢だ。

変態だ、スケベだ、淫乱だ、と囁きながら乳を揉みしだく。
既に感度の開発は狙いになかったが、マナカは乳首や乳房への刺激にも敏感に反応した。
さすがに乱れ狂うわけではないものの、ピクリピクリと身じろぎしながら、だらしない声を漏らし始める。

「ちんぽしゃぶらせてください、って言えよ…」

当然、現実に戻りつつあるマナカは躊躇った。
俺はその躊躇の瞬間に乳首を強めに捻り上げ、再び同じ命令を下す。
3回目でマナカの心を折った。

「ち、ち…ちん…ぽ…しゃぶ、らせて…下さい…」

もっとはっきりおねだりしろ、と更に乳首を強く抓り、不合格の仕置きを与える。
マナカを支配しているのが快楽なのか絶望なのか、本人にもわからないだろう。
床に跪かせ、ソファに座ったままフェラチオをさせた。手で皮を下ろさせる。
口を開けろ、と命じてから、更に言い聞かせる。
「口にチンポが入ったら、イッてみせろ。マ〇コの気持ち良さ、思い出せよ」
PCでは先程のマナカが大声でよがり来るっている。
俺は両腕でマナカの乳房を揉みしだく。

催促すると、ゆっくりとマナカは俺の性器を口に含んだ。
この時マナカが本当にイクのかどうかは問題ではなかった。
イッたフリをするのか、それともイケないのか、その様子で調教の度合いを見極めたかった。
しかし、俺の見た限りではマナカは本当に絶頂していた。

激しく腰を浮かせて痙攣し、性器を口にくわえながら喘ぎ声を漏らして達していた。
マナカがフェラチオに反応した満足感を覚えながら、指導する。
歯を立てるな、吸え、舌を絡めろ、全て舐め回せ、奥までくわえろ、ヨダレを溜めて音を立てろ、と、内容な一般的なものだ。
マナカがフェラチオに悦びを覚える事が重要だった。
俺が射精するまでに、数回マナカはイッた。

最後は口に出された精液を飲み込みながらイケと命じ、マナカはそれに従った。
2度の射精で脱力感を覚えた俺は、一度マナカを解放する事にした。

下着は預かる事にした。
夏服の季節にはなっていたので、かなり心許ない思いはするだろうが、マナカは逆らわなかった。

笑顔のヌード撮影を強制し、一応の口止めにした。
ここからは賭けだと思っていた。最悪のケースはいくつも想定出来る。
俺はマナカにその日最後の命令をした。

「誰にも知られずにもっと気持ち良い思いをしたかったら、今日のレッスンでプールに入ったら水着をケツに食い込ませろ。ご褒美にたっぷりイカせまくってやる。俺がマナカのケツ揉んだら戻せ」

これでアクションが無かったらここまでにしようと決めていた。
少なくとも、レッスンには来る確率が上がる。
それまでの時間にトラブルを起こされるのは避けたかった。
直前に会っていたのが俺だと知られるのは厄介だ。

賢者状態だった俺は、出勤してからも落ち着かなかった。
いつとんでもない電話が鳴るかという気持ちだった。
程なくしてマナカが表れ、ひとまずは安堵した。
ここから、例のサインを出すかどうか。

体操を終え、俺のクラスの全員がプールに入る。
ガキばかりなので、最初は淵に手を付けてバタ足だ。
「手を付けてー」の掛け声で、ヘルパーを付けた生徒が淵に手を付けにいく。
長身が目立つマナカはいつも最後に列の端に行く。

その時、マナカが手を後ろへ回した。
心臓が高鳴るのを感じた。
水面からは確かに肌色が見える。
一度潜って確認すると、マナカは臀部を露出していた。

「はーい、○○〇〇〇さん(マナカ)はそろそろ手付きで背泳ぎしてみようかー。待っててねー」

慌てて声を掛ける。
適当にガキを順番にこなし、立って待っていたマナカの番になる。あまり時間は無い。
仰向けに身体を浮かせ、淵を手を付けさせる。
ケツを支えるように揉む。
「ま〇こもケツの穴も口もチンポでめちゃくちゃにしてぇなぁ…」
マナカにだけ聞こえるように囁くと、いつもの控えめな声で「はい…」とだけ返事があった。
とりあえず、初日はこんな感じです。あやふやな部分も多いです

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア