掲示板で知り合った清楚な彼氏持ちJKと生でSEXした【えっちな体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ JK清楚嫉妬掲示板寝取り浮気

掲示板で知り合った清楚な彼氏持ちJKと生でSEXした【えっちな体験談】

自分が大学生のとき某掲示板で知り合ったJCがいた。

知り合った時は彼氏がいて会うのすらNGだったけど、話相手として結構ノーマルからアダルトまで色んな話をしてくれた。
ただ彼氏とのラブラブ話を聞かされるのがだんだん苦痛になってきて、そのうち連絡もしなくなった。

3年経ち俺は大学4年で東京に就職も決まり彼女もいて俺はダラダラ過ごしていたんだが・・・

その年の11月の頭、突然彼女に振られた、理由は他に好きな男が出来たから。
もともと浮気性で謝られたことはあったが別れ話になったのは初めてでそのまま別れることに。
クリスマスの予定まで立てていた俺は心が壊れて暗い日々を過ごしていた。
 
ただだんだん寂しさが我慢できなくなってきて、毎日知り合いの女性に手当たり次第、メールや電話をして慰めてもらっていた。
その流れで思わず昔のJCにも電話。(もうJK3になっていたが)そこからまた連絡を取るようになった。
向こうは向こうで、もう別れて違う男と付き合っているようだけど、どうも遠距離で寂しいらしい。
しかもクリスマスはデートもできないとか。
だめもとで「じゃあクリスマス遊ばない?」と誘ったら
「・・・いいよ」とかなり熟考した感じでOK

ただしエロは絶対駄目ということと東京で遊びたいということだった。
彼女は関東で俺は東北、デートの時間考えると新幹線しかないが金欠だ・・・エロない可能性あるのに
・・・ ちょっと悩んだがさすがにそれで断るのもアホだとOKした。
 
新幹線で東京駅に降り指定された場所で待っていたらその子がやってきた。
驚いたのはJCのころ写メ交換したのだが、その頃と比べてかなり可愛くなっていたこと。
(しかもギャル化とかせず清楚なお嬢様タイプでいてくれた)

エロ垢にはまってしまった処女【後編】 ダウンロード版

そして乳がとんでもなくでかかったこと。(あとでFカップだとわかった)
理性がちょっと飛びそうになったw

プランとしては食事をしてカラオケして程度を考えていた。

あらかじめ調べておいたパスタとケーキセットのランチがある駅ビルで食事をし、カラオケへ・・・

お互い何曲か歌ったあと、ちょっと間が空いたときに思い切って抱き寄せてみたら抵抗されたけど、非力なのか本気じゃないのかあっという間に俺の腕の中へ。

顔を真っ赤にしてうつむいているので、アゴに手をやって顔を上に向かせて唇を頂いた。
向こうは最初口を閉じてたけど、諦めたのかOKなのか舌を入れさせてくれた。
奥に引っ込んでいる舌を何度かつつく様にすると控えめながら絡めてくる感じ。
これはいける?と感じ胸をぐっと揉むと「んっ」っとかるく呻いてこちらに抱きついてくる。

エロ垢にはまってしまった処女【後編】 ダウンロード版

明確な抵抗なしなのに内心ニヤリとして、何度も巨乳をもませてもらい、下から手を突っ込んで生乳まで。
キスから五分くらいかけて胸を愛撫してるうちに、キスしてるときの彼女の舌が積極的に絡んでくるようにまでなった。
ここを逃せないと思って、カラオケだがしょうがないと思いつつ彼女のスカートの中に手を入れた。

当然のようにここは抵抗があったが難なく下着の上からオマンコを触ると、かなり熱が篭ってて濡れてるのが分かった。
指入れようかと思ったけどそこは向こうがかなり嫌なそぶりと抵抗を見せたので、自分のジーンズのジッパーを下ろして「じゃあ舐めて」と言ったら無言で咥えてくれた。

清楚なルックスとは正反対の唾液を大量に使う激しいフェラをされて、溜まってた俺は数分で出してしまった。
すると全部飲んでくれた上に残った汁まで吸いだすように掃除してくれた。

いよいよ・・・と下着を脱がそうとするとさっきまでの抵抗はもう無くなってて、お尻をあげてくれた。

脱がせるときに明らかに下着から糸の様な物が引いていて、マンコを触ると割れ目の外まで汁が漏れている。

手マンすると中はもうトロトロでかき回すたびに抱きついて激しく悶えてきた。

そんなJKを見て一度萎えたちんこはまたそそり立ってきて、もう入れることしか考えなくなっていた。

「俺の上に跨ってみて?」
というと一瞬考えたようなそぶりのあと意を決したように跨ってきて、いわゆる対面座位で生挿入。

指ではあまりきつさなんかは感じなかったがチンコだと思った以上に締まる上に、溢れんばかりのマン汁がちんこに絡まってくるのがわかるようなまとわり付く感じ。

奥まで入るだけで抜き差しなしでも気持ち良い上に、二度目だけど動くと出てしまいそうなくらい高ぶってて、動かずにその体勢のままキスしたりしていると彼女が顔真っ赤にして悶えてるので、こちらのテンションもさらに上昇。
「ふっ・・うっ・・んんっ・・はぁん・・・ああっ・・あっ・・」
彼女は頭を振ってみたり濃厚なキスしたりこっちにしがみついたりと責めがいのある反応を見せてくれた。

結局挿入してから30分ほど堪能して射精欲もかなり高まってきたんだけど、当然中出しはNG(当たり前w)
なので「ホテル行ってもうちょっとゆっくりする?」と尋ねたら頷いて、とりあえずそこでは出さずラブホへ向かった。

彼女が俺を引き抜いて跨ってた状態からどいたときびっくりしたのが、俺のちんこが彼女の白濁したマン汁でべとべとになってたこと。凄い女だなwと内心思った。

当然ホテルに行った後の話やその後何ヶ月もの話もあるし書こうとは思ったんだけど、覚えてる事全部詰め込んだから長くなりすぎたんでとりあえずここまでで。
彼女からラブホに行く同意を取り付け2人でラブホへいくことに。

カラオケの精算しにカウンターへ向かうエレベーターの中でもどちらとも無くディープキスしたり、店を出て向かうまでの間も彼女の方から腕を絡ませてきたりと、はたから見たら完全にカップルという感じで東京の街を歩いた。

ちなみに当然俺も彼女も都内のラブホなど知らなかったわけだけど、正直に書くけど俺はこういうことになる期待も込め、デートする地域周辺のラブホの情報を仕入れていたw
その期待がまんまと実を結んだ形になり、俺は頭に入ってる地図で彼女をまるで使った事があるホテルかのように案内した。
 
普段俺が使っていた爺さんと婆さんが交代で受付してる激安ラブホとは全然違う、機械管理(表現間違ってる?w)に戸惑いつつホテルの中へ・・・

下調べして値段の見当は付いてたが今日はクリスマスイブ、 入れる部屋など限られていて、割高の部屋にせざるを得なかった。
普段使ってるとこの約2.5倍・・・と財布を気にしつつ入室。カラオケでお互いできあがっていたこともあり、シャワーも浴びずにベッドになだれ込んだ。

カラオケよりもある程度明るい部屋内で全裸の彼女を見て感じたのは、まずは当然その巨乳のボリューム、そしてものすごい色白だという事。

肉付きは結構いい方で彼女自身は太ってると言っていたが、胸もそうだがお尻も結構大きいけど腰周りはきゅっと締まってて綺麗なライン、それでいて背が小さいのも個人的によかった。

顔はほしのあきに似てるとよく言われてたらしい(個人的にはほしのあきより好み)。そして化粧を全くしてないのに問題ないくらい肌が綺麗なのは感心した。

陰毛が白い肌とあまりしっかり処理してないのが合わさって若干濃い目に感じたが、それはそれでものすごいエロスがあった。
キスや乳に関してはカラオケで結構堪能したのでそこそこに、マンコをじっくりいじりたくなった。
ちょっと明るいせいか彼女が恥ずかしがり下半身には布団をかけた状態ですることになった。

キスしたり胸を揉みしだいたりしながら手で彼女の足を完全に開かせて触ると、カラオケでのことから最低でも30分くらいは経っていたはずだけどまだヌルヌルだった。

しかもまた興奮して出てきてるマン汁を小陰唇から大陰唇、クリのあたりまで手を使って広げて、マッサージするように撫でまわすと、小さな喘ぎ声を漏らしながら彼女の腰もそれに合わせて動く。
徐々にクリに集中させていくと色白の彼女の顔が赤くなってきて身体の反応もどんどん早くなっていく。
「あっ、ああっ、あっ・・ああっ・・」
彼女のクリは結構皮も多めで普段は触っても中心が分かりづらいくらいだったんだけど、探し当てて優しく刺激してやるとかなり素直に反応して堅くなるタイプ。

男としては当然燃えるわけで、堅くなってるクリを指の腹で押したりちょっとつまむ様にしてみたりと色々いたぶるように楽しんだ。
クリをいじるたびに身体がよく反応して責め甲斐もあった。

彼女が俺に強くしがみつくようにして「・・・あ、イキそう・・・イク・・・イク」と耳元で言うので、
俺も耳元で「イッていいよ」と囁いてやりながらラストスパートで強めにクリをこねるようにすると、ビクンビクンと数回腰を跳ね上げるようにしながらイッた。

以前「セックスでイッた事が無い」とか「そもそもイッたたかどうかわからない」ということを言ってて、俺が「それは絶対嘘だろ~」とかってやりとりをしてたので、脱力した彼女を抱きしめて「なんだイキやすいじゃんw」と言ってやった。

すると「○○さんが上手すぎなだけ!」と怒った様に言いつつ抱きついてきた。
それが本当か嘘かはどうでもいいけど確かなのは言われて嬉しい言葉だってこと。

もうちょっと責めてみたいなと思い、さっきはほとんどクリしか触らずにいたので中を触ってみることにした。
彼女にキスをしたりしつつ、また足を広げさせて穴の部分に指を入れていく。
「んっ・・あっ・・ああっ・・はぁん・・あっ・・」と可愛い反応。
イッたあとのマンコは先ほどよりは若干水っぽくなってて軽くかき回してもピチャピチャという音が布団の中から漏れる。

自分でもよろしくない楽しみかたなのは分かりつつ、形容するなら「清楚なお嬢様」って言うのがぴったりの彼女の顔と、布団の中から漏れるエロイ音のギャップがものすごく俺を興奮させた。

わざと大きく音が出るように、より彼女にも聞こえるようにしてたと思う。

それが功を奏したのかは全く謎だけど、彼女の奥からはイった後の水っぽさはなくなってきて、最初と同じトロトロとしたあたたかいマン汁がまた湧いてきた。
彼女の身体の反応もまた大きくなってきたので、俺は彼女のいわゆるGスポットって部分を重点的に触り始めた。

奥から手前へGスポットを擦りあげるように挿入した二本の指を大きくゆっくりと動かしつづけると、俺の手のひらに熱い何かがかかった。
「え?」と思いつつ彼女を見ると顔真っ赤にして耐えるような感じで喘いでる。
その後も奥から擦りあげるとたまに手のひらに熱いものがかかる感じを受けながら、最終的にGスポットを擦りあげつつ親指で堅くなったクリを丁寧にこねるようにしてイカせた。
イクときに中の指を彼女の膣がぎゅっと締め上げてくれて「チンコ入れてぇ」と思わせた。

指を引き抜いて手を見ると手のひらまでびしょ濡れで、布団をどけると結構な範囲が濡れてた。

「もしかして潮吹いた?」と聞くと
「・・・うん、吹きやすいんだよね、ゴメン」と恥ずかしいのと申し訳ないといった顔で見てきた。
吹きやすいってのが嬉しい反面、「あ、他の人相手でも吹くんだ・・・」というわけの分からない残念な感情が去来したw

もちろんその感情は隠して「いや、むしろ可愛いし最高だって」とシーツと彼女のお尻をタオルで拭いてやった。

次はもちろん入れるってとこなんだけどちょっと長くなってしまったのでここで一旦終わりに。
彼女の潮を拭き、もう挿入したいくらいのテンションではあった。
ただ拭いて会話してる間にちょっと萎えてしまってたのでフェラをリクエスト。俺がベッドに腰を下ろし、彼女が床に座った状態でのフェラになった。

カラオケでも思ったけど、ルックスとは全然見合わない唾液が垂れんばかりのフェラをする子だった。
玉袋や裏筋も舐めてというと「ふーん・・・そこ舐めて欲しいんだw」とニヤニヤしながら言った後に丁寧に舐めてくれた。(ある意味ツンデレ的要素がある子だった気もする)

ルックス的に好みの女の子が自分のチンコを丁寧にしゃぶる姿はいつ見てもやっぱりいいもので、上目遣いなんかもたまにしてもらいつつ堪能した。

フェラのついでにシックスナインもしたくなりお願いした。
俺が先にベッドに仰向けになり彼女が跨ってくるのを待ってると、俺の頭の横のあたりにちょこんと座って、
「本当にするの?」と動揺した顔でこっちを覗き込んで聞いてきた。

さっきの手マンのとき布団かけてたことから考えて見られるのが相当恥ずかしいらしい。しかもシックスナインの体勢なんてなおさらなのも分かる。

あまりに聞いてくる顔が可愛いのでちょっと「しなくていいよ」と言いそうになったけど、欲には勝てず「大丈夫、大丈夫」とわけの分からない促し方をして、彼女をしぶしぶ跨らせた。

跨った瞬間彼女のマンコが軽く開きヌチャッと鳴ったのがかなりエロかった。
彼女は恥ずかしさをごまかすためか跨ったと思ったらすぐむしゃぶりつくようなフェラを始めた。

身長差がかなりあるせいか通常のシックスナインよりやや下の部分に彼女のマンコがある感じ。舐めるのはちょっと大変だけど、指を使うにはちょうどいい距離だった。
彼女のものすごいフェラの快感が伝わってくる中で、彼女のオマンコをまず鑑賞した。
触ってててうすうすわかってたけどややビラビラが大きい感じだったので、それを指で開いてみたり、お尻を割り広げてアナルも見てみる。(そっちの趣味はそれほど無いけど)

見られてるのが分かるのか彼女のフェラもどんどん激しくなってきて、呼吸が荒くなるせいかマンコもアナルもよりひくつく感じがしてかわいかった。
ちょっと長めに隅々まで鑑賞した後に、両手の指を使って彼女のマンコを色々といじってみると、感度がいいせいで彼女のフェラの勢いが急に弱くなって、俺のチンコを握ったりしながら喘ぎ始めた。

それもまたかわいくてじっくり責めてこの体勢でイカせてやろうと思ったんだけど、クリを触ってやると、刺激が強すぎるのかもう欲しくなってるのか、腰というか俺から見たらお尻を振るような動きをし始めて、そのあまりのエロさに入れたくなった。

正常位で挿入しようとすると彼女が「ゴムつけてくれる?」と言ってきた。あとで分かったことだが避妊どうこうじゃなくどうやら彼氏への義理を感じてるらしい。

何でいまさらとは当然思ったけど、つけてと言われてつけないのはさすがに嫌われると承諾。
ラブホに備え付けのゴムをつけて挿入した。

正常位で乳を揉んだりDKしつつガンガン突きまくり、非常に気持ち良いのだけど、彼女の反応はカラオケでしたときのような気持ちよくてしょうがないという感じではなかった。
正常位は好きじゃないのかな?と思い俺が好きなバックの体位で挿入してみた。

ゆっくり腰を勧めると彼女の身体が反応したけど、気持ちいいというより刺激に対する反応のような。
とりあえずどんどん腰を早めていくと、喘ぎ声というより泣き声のような「ヒッ!」みたいな声を上げはじめた。

違和感を感じながらも突きまくると悲鳴のような声を上げて最期には手と顔をこっちに向けて、「ちょっと待って」と言ってきた。
聞くと奥まで入ったときに奥のところが痛いらしい、ゴムを着けるとたまになると言った。

それじゃあ・・・となるべくゆっくり腰を動かすけどそれでもやっぱり痛いみたいだった。
それを見てられなくなったのと俺の正直な気持ちを込めて上から覆いかぶさって耳元で、「じゃあゴム外さない?」というとちょっと考えた後無言で頷いてくれた。

待ってましたとばかりにゴムを外したが、痛みのせいでか彼女のマンコの濡れが大分引いてきていた。
ゴムの横に置いてあったホテル備え付けの袋入りローションを自分の亀頭と彼女のマンコに撫で付けて再び挿入。

普段は別に生に強いこだわりがあるわけじゃなかったけど、その時は心のそこから「生最高!」と思うくらい気持ちよかった。
彼女の方も、俺のチンコの先が彼女の奥に当たったときにさっきまでとは全然違う甘い声を出してくれて、気持ちいいんだろうってことが分かった。

心なしか彼女のマンコの締まりや熱がよくわかるような気がして、最初はゆっくりと腰を振った。
彼女はバックの方が声が出るみたいで、それほど激しくしなくても、かなり大きな声を出している。
「はぁっ・・あっああっ・・あ、当たるっ・・ああっ・・あっ・・!」
彼女も感じてるのが分かって心に余裕が出来たのか、彼女の大きくて白い尻が今度は気になった。
大きめの尻ではあるけど若いせいか弾力は抜群で、鷲掴みにしたり軽く叩くことでかなりいい感触がある。

突きまくりながら尻を叩いて激しくピストンすると「イヤ!ダメ!」というようなことを言うけど、実際はかなり気持ちいいらしく自分から尻を振ってた。
いつの間にか俺のちんこは彼女の白濁したマン汁でベトベトになってて、 激しくピストンしながらクリを指でいじると「イク!イク!」と簡単にイッてしまった。

イクときの膣がかなり締まり、危うく中でイキそうになるほどよかった。
彼女が落ち着くのを待って正常位で挿入した。

繋がってる感は一番強い正常位で、ゆっくり腰を振りつつつつ指を絡めてキスをしたりする。
最初は恥ずかしがって顔を背けてた彼女も、今はこっちをじっと見てくれて見つめあいながら腰を振った。

すると不意に彼女が涙を流したので、「どうしたの?」と聞くと「幸せすぎて涙が出た」と。
(あとで知ったが彼女の家庭環境は結構複雑だった)

もちろん俺はそんなことは知らないので「俺とセックスするのが幸せってことは・・・」 とこれまで遠慮していた「愛してる」って言葉を彼女に言った。
彼女は「・・・」と無言。
俺は「俺のこと好きじゃない?」と耐えかねて聞いた。
「彼氏に悪いから・・・」と言われて、俺は「そっか・・・」とだけ。
また「ここまでしといてかよ!」と心の中で思ったけど言えるわけも無く・・・

フラストレーションがたまり、彼女をメチャメチャにしたくなり、乳を鷲掴みにして激しく突きまくった。
「はぁああっ!いいっ!んああっ!・・だめっ・・ああっ!」
彼女は白い肌をどんどん高潮させてまたいやらしい声を上げてくる。
そのうちに射精したくなり「どこに出せばいい?」と聞いた。

彼女は喘ぎながら「どこでもいいよ」とこっちを見つめて言った。
当然中はダメなのわかってるので普通は腹に出すところだけど、そのときは「顔でも?」と聞いた。
(以前、顔射はされたことがないと話したことがあったからかも」

「・・・したいならいいよ」と彼女が言ったので、思い切りかけて、口にねじ込んで綺麗にさせた。
ある程度舐めさせた後で拭いてやりながら賢者タイムになり
「ごめんね、ありがとう」と言うと、
「謝らなくていいよ。○○さんが良かったなら嬉しいし」と笑顔で言ってきて、ものすごく可愛かった。

ノーメイクだから顔射してもなんの問題もないというのはいいなと思ったw
それから、ちょうどお互いの帰り時間にもなりラブホを出た。

田舎者なので知らなかったが、クリスマス料金で予定のさらに倍近く取られて1万を越えた。
俺は心の中でかなりショックを受けたけど、なるべく隠して彼女と駅に向かった。

街を歩きながら正月の話をしたら「正月は彼氏の家で過ごすんだ」と聞いて、それにもショックを受けたけど当然隠したw
電車が来る前「また会える?」と聞くと「わからない」といわれた。
「なんで?」と聞くと「次彼氏にあってみないとわからない」と。
彼女を見送り俺も帰路に着いた。
「どちらにせよ次は彼氏に抱かれるんだな」とちょっと欝な気分だった。

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。