同じ大学に通う従姉妹のお姉さんと成り行きでラブホへ② 【エッチな体験談】 - 抜ける話|えっちな体験談厳選
FC2ブログ

ピックアップ

アクセスランキング
関連するタグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連するタグ 従姉妹JD童貞筆おろし

同じ大学に通う従姉妹のお姉さんと成り行きでラブホへ② 【エッチな体験談】

①の続き

13: 投稿者:あきら 投稿日:2012/04/11 20:20:03

部屋の扉をくぐるまでは勢い。
そこまでは良かったがいざ部屋に入るとこの状況に緊張していた。

誰でも童貞を捨てるときは来るし、多少なりとも緊張するだろう、
しかし普通に相手は彼女や女友達にナンパ、あるいは風俗とかだよね。
従姉だと後々も、変な言い方をすれば何か無い限りどちらかが死ぬまで続く関係だ。
しかも沙弥は決して遠い親戚ではない。

「とりあえず風邪引くから服脱げば?バスローブあるじゃん」
沙弥が指差す方には籠に入ったアかメニティグッズやバスローブが入っている。

「先に着替えるよ!」
グズグズとしてる俺を部屋に残して脱衣室へと消えて行った。

一人残された俺は初めての部屋を見回した。
ベッドの周りには鑑がある…と思っていたのに無かった。
なんての?もっとイヤらしい雰囲気だとばかり思っていたが綺麗でカジュアルな内装に驚いた。
ただテレビのリモコンだけは、まるでカラオケのリモコンの様にごちゃごちゃしている。
スイッチを入れるとニュースをやってる。

「はい、着替えてきたら?」
声を掛けられ振り向くと沙弥がバスローブ…には短すぎる物を羽織っていた。
ピンクのバスローブは薄手の生地で辛うじて下着が見えない程度だ。

「!!」
って感じで驚いた。

「短いよね?」
沙弥が言った。
「そうだね…」
俺はどこを見て良いか解らずに視線を泳がせた。

THE BLUE 極 ダウンロード販売

そそくさと脱衣室へ移動すると沙弥の服が乾かすように並べてある。
そして先程見たブラジャーもあった。

この時点で下半身はギンギンである。
そして予想通り俺のバスローブも短い…

「俺はこのままでも良いかな~」
恥ずかしくて着れない、と思い部屋にいる沙弥に声をかけた。
「え~!風邪引くから着替えなよ、別に恥ずかしくないから」

それでも少し悩んだが結局服を脱ぎ、着替えてみた。
下半身がスースーする…
しかも勃起も収まる気配すらない。

気持ちを鎮めようと鑑に向かい自分の顔を見る。
滅茶苦茶緊張した俺がいる。
落ち着け~落ち着け~、呪文のように心で唱えた。

「いつまで何やってんの?」
気づけば沙弥が入り口から顔を覗かせていた。
「べ、別に」
「早く来なよ、寒くないの?」

先に歩く沙弥のお尻に目が行く、もちろん下着は見えないけどもう少しで見えそう、
と考えるだけで再び下半身が反応を始める。

「お茶飲む?」
いつの間にかお湯を沸かしていた沙弥が聞いてきた。
「あ、飲む」
欲望とヤッパリまずい、という考えが闘っている俺としては考える時間が与えられるのはありがたい。

「お風呂いれるね」
沙弥は一人そそくさとお風呂を準備しに行った。
沙弥は戻るとお茶をいれ、俺に渡した。

「とりあえず服をある程度乾かさないとね、お風呂入ったりしてる内に少しは乾くでしょ」
車移動してる内にある程度上は乾いて来てたし、濡れてるのはジーパンだ。

「このあと、一緒入る?」
沙弥は俺が断るのを知ってるクセに聞いてきた。
「一人で入るよ!恥ずかしい」
「それ、普通アタシのセリフだから!」
「恥ずかしくないの?」
「アタシ?一緒に入るのは…恥ずかしいかな」
「ヤッパリな~!俺をからかってここに…来たんだよね?」
そうだよ、と笑って答えてくれたら俺も笑って引き返せる、だから笑いながらそう返した。
「ま~、一緒のお風呂は恥ずかしいけど、でもエッチは良いよ」
「聞いても良い?」
「何を?」
「ホント~に良いの?」
「ま~…ほら、そういう雰囲気だったし」

沙弥からしたら可愛い従弟に手解きをしてあげたい、と思ったらしい。

俺は風呂へ向かった。
脱衣室の洗面台の鑑には難しい顔をした俺が写る。
「何とかなるか!!」
自分に向かってボソッと納得させるように言ってみた。

体を念入りに、これでもか!って位に洗い浴槽に入った。
沙弥が入れたのか紫色でラベンダー?の香りがするお湯のなかでは俺の悩みとは裏腹に下半身は既に全開!
そんなに長くは入ってないはずだがやたらと時間が長く感じた。

風呂を上がり部屋に戻ると沙弥がベッドから起き上がった。
上とお揃いなのかストライプのパンティが覗いていた。

「あれ?早かったね、もうあがったの?」
「そう?もう上がったよ」
「じゃ、アタシ入るね」

沙弥が部屋を出ると一人残された俺はテレビのリモコンをいじった。
適当にチャンネルを回すとAVも流れていたが見る気も起きなくてニュースを点けた。

観光地がどうとかアナウンサーが喋っている。

改めて部屋を見回すと枕元のスイッチ類、適当に動かすとアッチの電器が点いたりコッチの電器が消えたり、
有線が入ってみたりみなかったり、物珍しくてガチャガチャいじった。
そして小さな入れ物を開けるとゴムが3つとローションの小袋が入っていた。

メニュー表のような冊子には大人のおもちゃやらコスプレ衣装が紹介されていて、
やっと下半身も落ち着いたのに、沙弥がこの衣装を着たら…と想像してしまい再びギンギンに…

とそこへ沙弥が戻って来た。

「なにそれ?」
「色々載ってるカタログ」
「あ~アレね、気になるのあった?」
「アハハ…無いよ」
「え~!何かあるでしょ?」

腹這いになって読んでいた俺は下半身が元気過ぎて起きれない。
とそこへ沙弥が上に覆い被さる様にしてきた。

「見せてよ!」
「あ、うん」

上に乗られるのも嬉しいのだが、ヤッパリ恥ずかしい…
カタログを少し体から離した場所に置いて沙弥がそちらに移動するようにしてみた。
しかしそれを引き戻すと乗ったまま見ている。

「これ?さっき見てたの」
そこにはさっき見てたコスプレ衣装のページだ。
「まぁ、そうかも」
「へ~」

「これを見てどうだった?興奮する?」
「いや~、別にそれでは興奮しないよ~」
「ホント~?」
「別に、写真だし」
「じゃあ、確認!」

そう言うと手を伸ばして下半身に忍ばせて来た。
俺は急だったから思わず腰が逃げたww!

「ダメだよ逃げちゃ!」
「今マズイ!!」
「良いから~動かないの!」

パンツの上から確かめる様に触る。
「硬くなってる…でもこうなるのが普通だから、大丈夫」
そのまま直接中に手を入れて直接触れられた。

「凄い硬いよ!あ、もう先からヌルヌルした物が出てる…触られるのも初めて?」
「うん…ていうか、全部初めて」
「ね、アタシで良いの?」
「ど、どれが?」
「どれがって…最後まで」
「うん、お願いしても大丈夫?」
「良いよ…気持ちよくしてあげるからね…仰向けになって!」

仰向けになると、何度かパンツの中でシゴかれ、そしてパンツを下げられた。
「あきらの大きいよ~!ここが凄~い」
当時は解らなかったがどうやらカリ高ってやつらしかった。

「たくさんヌルヌルしたの出てくるよ…気持ち良い?」
指先で先端をなで回された。
何とも言えない気持ちよさで、オナニーでは感じた事のない快感だった。

「舐めるよ」
そう言うと沙弥は口に含むと音を立てながらくわえた。
「沙弥ちゃん、それ気持ち良い!」
沙弥は頭を上下させ、舌で亀頭を刺激しながら、そして舌先で脇を舐め上げた。

初めての感覚を味わった。
クチャックチャッと音がたち、沙弥の口の温かさとヌルヌルと這う舌で竿がビクビクと反応している。

「沙弥ちゃん…ヤバくなる」
俺の言葉に沙弥は一旦口を止めた。

「あきら…アタシのも舐めれる?」
「うん…」
「アタシも…濡れてるか笑わないでね…」

沙弥は起き上がると下着を脱ぎ捨て自らアソコへ指を這わせていた。

「ホラ…」
沙弥の指には露が光っていた。

「沙弥ちゃんのも舐めたい…」
俺の言葉で沙弥は俺の顔にアソコを向けて跨がった。
いつの間にか沙弥のアソコの回りは濡れていたみたいだ。

「ここを舐めて欲しいの…クリが一番感じるから…」
沙弥は指でその場所を指した。
そして沙弥はユックリ腰を俺の顔に向けて下ろしてきた。

沙弥に言われた場所へ唇を付け、舌でそこを舐め上げた。

「ウゥッ…ウッ…アァ…良いよ…」
舌を動かし、クリを刺激するたびに沙弥は反応し、腰がヒクッと反応していた。

17: 投稿者:あきら ◆Wv.o21UQ7M 投稿日:2012/04/12 19:40:08

当時は何が何だか解らなかった。

とにかくソコがクリらしい…って感じで沙弥の反応する場所をひたすら舐めた。

沙弥の口が止まり、切ない吐息を漏らしていた。

「はあっ…ダメ…腰が動いちゃうの…」
沙弥の腰がユックリと動きだし、目の前で何かを求める様に前後していた。

口を止めた代わりに沙弥は自らの唾液と、俺から出た液で濡れた竿をシゴキ出した。

「あ、あきら…気持ち良い…?」
「沙弥ちゃん…そんなにされたら、出ちゃうよ!」
「良いの…逝って!アタシのお口に出して…」

先程より少し早く竿をシゴキ、再び亀頭をくわえ込んだみたいだ。
舌が亀頭の一部分を通過する度に我慢できない快感が走る。

「さ、沙弥ちゃん…マジで出るから…待って…」
俺は既に我慢の限界、沙弥のアソコを舐める口は止まり、ギュッと目を瞑ると沙弥の体にしがみついた。

「あ、出る…」
その瞬間ドクッドクッと沙弥の口の中へ注いでいた。

吸い取られるような感覚を感じながら俺は果ててしまった。
出終わった後も沙弥の口は止まらずチュッチュッと吸っているみたいだったが
最高に気持ち良いようなくすぐったい感覚に見悶えた。

「ちょっ!ちょっ!ちょっとストップストップ!くすぐったい!!」
沙弥から逃げる様に腰を引いた。

沙弥がこちらを振り向いた。
まだ出した物がその口に含まれている様子だった。
俺は枕元からティッシュを渡そうと手を伸ばした。

すると沙弥は首を振り必要ない…という顔をした瞬間に、ゴクッ…それを飲み干してしまった。

「えぇ!?飲んじゃったの?」
「うん」
「平気なの?」
「大丈夫だよ、あきらの濃いね?」
「そうなの!?」

沙弥はウフフ~と笑いながら俺の目の前へ座り直した。

「まだすぐは無理でしょ?少し休も!」
バスローブは既にはだけて辛うじて肩に掛かっている感じ、沙弥はもう必要ないとばかりに脱ぎ捨てた。

「沙弥ちゃんは気持ち良くなれたの?」
自分だけが満足してしまい聞いてみた。
「も~…バカァ…聞かないで!気持ち良いから…声出たんでしょ!」

それから

18: 投稿者:あきら 投稿日:2012/04/12 20:49:54

それから暫くすると、沙弥が聞いてきた。

「ネェ…最後までしても大丈夫?アタシが最初で良いの?」
「うん、お願い」

ここまで来て止める方が正直難しい。

「じゃあ、横になるね!!」
沙弥は俺のすぐそばで横になった。
「良いの?」
「入れて…」

俺は沙弥の上に覆い被さった。
改めて見ると綺麗な胸だ。
もちろんこの時は他の女性の胸を知らないしそこまでは考えてなかったけど…

元々色白な上に、普段は服のなかに隠れて日に焼けていない乳房が特に白く感じた。
小ぶりな乳首を口に含んでみた。

「優しく…優しく舐めてね…アッ、そうそう…」
徐々に乳首は硬さを増して来た。
もう片方の胸を恐る恐る触れて軽く揉んでみる。

「ウンッ…あきら、我慢しないで好きな時に…入れて…」

既に竿は完全に勃起し、沙弥の体に時々当たっていた。
そして沙弥の体に触れる度に心地よく、早く入れてしまいたかった。

「入れて良いの?」
「うん…じゃあゴム着けようか?」

沙弥は起き上がるとゴムを取りだし俺へと被せた。
なかなか上手く入らなかったがやっと根元近くまで被せられた。

「出来たよ!」

再び沙弥は横になると膝を立てて足を広げた。
俺はそこへ体を割り込ませて沙弥のアソコへと入れようとしたがなかなか上手く入らなかった。
すると沙弥の手が伸びて来て俺を導いた。

「そのまま…入れて大丈夫だよ」

俺はそのまま押し込むとヌルッとした感触と、締め付ける感覚を感じながら奥へと侵入した。

「沙弥ちゃんの中…温かくて気持ち良い…」
「あきらのも…熱いよ…ユックリで良いから好きにして…我慢しないで良いからね」

俺は抜けないようにユックリと腰を前後させた。
沙弥から溢れたものでクチャックチャッと音がする。
沙弥は目を瞑り、眉を寄せていた。
「ウッ…ウッ…アァ…あきらの大きい…」

さっき出したにも関わらず、既に竿は限界だった。

「沙弥ちゃん…出ちゃうかも…」
「良いよ…もっと激しくしても…いっぱい気持ち良くなって…」

俺は欲望のまま奥へ奥へと腰を振った。
その度に沙弥の二つの胸が揺れ、声を出している。

「アンッ…アッ…アッ…アッ…良いよ…あきらの気持ち良いっ!…」
「も、もうダメ!!…出る…出る!!」
その声を聞いた瞬間に俺はドクドクッとあっという間に果ててしまった。

「アッ…あきらの出てる…」
沙弥の中で暫く脈を打ち続け、それが収まると抜き出した。

「逝っちゃった…」
俺が思わず呟くと沙弥は俺の首に手を伸ばして抱き締めてきた。

「おめでとう…って変かな?」
「アハハ、ありがとう」

結局帰りはお互い夜中になった。
沙弥の家に着くと降りる間際に俺を見ながら言った。

「バイバイ!あきら、またね!経験したからって…浮気は無しよ!な~んてね!」

従妹との初体験は入れてからはあっという間に果ててしまった、そんな体験でした。

気に入っていただけたらポチッとお願いします。管理人の励みになります!


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

他の抜ける記事を読む

タグリスト

女性目線 出会い系 人妻 寝取り 寝取られ 不倫 浮気 職場 処女 童貞 JK レイプ 飲み会 中出し JK OL 複数 JD いちゃいちゃ OL  泥酔 バイト フェラ かわいい 乱交 セフレ ビッチ 彼氏持ち 覗き オススメ記事 野外 3P JD 巨乳 風俗  年上 調教 挿入ナシ 友達 大学 露出 部活 動画 変態 ナース サークル 幼馴染 JC オナニー 彼女 後輩 可愛い 合コン JC 先輩 痴漢 熟女 羞恥 3P ドM 手コキ 筆おろし アナル 従姉妹 社内 王様ゲーム キャバ嬢 弱み 同僚 輪姦 ナンパ ドM 女友達 温泉 義妹 レズ 同窓会 エロい女 イタズラ 美人 小学生 元カノ 会社 M女 修学旅行 M女 無理やり イチャイチャ お持ち帰り 教師 車内 中学 事務 青春 鬼畜 マッサージ 旅行 新人 成り行き 切ない 友達の彼女 義姉 友達の妹 年下 看護師 一晩限り 天使もえ 子持ち 制服 女子マネージャー 水着 家庭教師 清楚 お風呂 憧れの人 外国人 ハメ撮り 派遣 カラオケ 馴れ初め SM 小島みなみ ツンデレ ヤリマン M男 デリヘル 同級生 ギャル 挿入なし 混浴 泥酔女 長編 援交 ヤンキー 罰ゲーム 潮吹き 妹の友達 バツイチ 高校 同期 旧友 ほのぼの ラブホ JS 新歓 電車 バック 元同級生 スーツ 貧乳 小悪魔 忘年会 盗撮 コスプレ いい話 背徳 巨根 満喫 淫乱 早漏 営業 家飲み なりゆき 上司 一夜限り 妄想 プール 合宿 友達の妻  嫉妬 従妹 射精 言葉攻め ネット 笑い話 DQN スキー バイト先 再会 小学校 メル友 S女 マネージャー 放課後  生保レディ 婚約者 大学生 従姉 M男 SM 成行 持ち帰り バイブ 逆レイプ 胸チラ 浪人 姉妹 片思い 夜這い 教え子 酔姦 姉の友達 短大生 義弟 新卒 学生 種付け ハーフ 痴女 友達の姉 海外 隣人 ヘタレ 教育実習 黒人 誕生会 陵辱 ドエロ 双子 ソープ 純粋 媚薬 ローター クリスマス 就活 遠距離 関西弁 電マ キャバクラ  オフィス 友達の旦那 くず 結婚式 旅先 やや鬱 エロ女 彼女の母親 隠れて 隣の奥さん 和姦 後輩の嫁 初恋の人 クラスメイト 触り合いっこ 彼女の友達  掲示板 下着ドロ 脅迫 成行き キャンプ ハプニング キャンギャル NTR 出張 クール 絶倫 黒髪 オフ会 子有り 終電 送別会 クンニ 病院 文化祭 外人 S女 初心 元彼 ノーパン 従順 宅飲み バスガイド 生理 JS 内定 就職 メンヘラ 元クラスメイト 面接 上原亜衣 セクハラ 放尿 受付 妊娠 歯科助手 乳首 連れ子 生徒 スク水 DVD パンスト 思い出 レイプ未遂 ほっこり アイドル 69 新入社員 従業員 濡れ過ぎ 青姦 南国 ホテル ゲーム プチレイプ ショタ S男 チャット 最後はビッチ  巫女 ホモ ネット女神 コンパニオン キレイなお姉さん  終戦 葬式 肉便器 種無し 女子マネ 社員旅行 処女? 生意気 こんな幼馴染欲しい OB 酔っ払って 麻倉憂 セレブ 告白 初体験 顔面騎乗 ローション  リアル 先生 復縁 おねだり 叔父 言いなり 大学時代の友人 文系 行きずり 仕事 入院 看護 彼女の妹 送り狼 名器 肉食女子 ゼミ  帰り道 バンド 図書館 短大 絶頂 租チン お漏らし やりチン 水泳教室 ゴスロリ ノーブラ ご近所 若妻 甘酸っぱい ゲーセン  元カレ 親友の彼氏 地雷 S男 隣の家  朝勃ち 口内射精 取引先 妻の友達 後輩の彼女 こっそり ムリヤリ 友達の母 浮気?  女神レポ グロ 友人の嫁 撮影 塾講師 運動部 父娘 研修 校内 スカートめくり 性奴隷 イチャラブ 中〇生 背徳的 純愛 授業 肉食系女子 新入生 カーセックス 小学 テスト マセガキ 掃除 友達の彼氏 友人の奥さん 帰省 学校 義母 トイレ 内緒  お仕置き クズ男 いいなり 4P 見舞い 快楽堕ち 同棲 ほろ酔い 二股 小〇生 ワキガ パンチラ 夏祭り お兄ちゃん 不登校 suwappu エロい 大人しい 妊婦 弟の嫁 女子風呂 愛人 検査 おいしい 腐女子 禁断 習い事 草食系男子 ネットカフェ 海水浴 透け スナック 着物 和風 視姦 2股 M 生々しい 素朴 イキまくり シングルマザー バス 美乳 幼稚園 保母 ネカフェ ハプバー ネトゲ 素人 寝取られチャット DVD 親子丼 エロ動画 家出娘 健気 お姉さん 緊縛 ヤンデレ 円光 ドライブ いとこ パート 彼氏以外 AV いじめ 義理の娘 イジメ 快楽陥ち 社長婦人 ロリ職場 患者 ハプニングバー 魔法使い 枕営業 MR 専門学校 兄嫁 秘密 淫語 コンパ 女子大生 保育士 ドS 女社長 中学生 ブ男 オヤジ ホスト 部下 結婚前 店員 風呂 間接キス 教授 担任 女上司 巨チン 命令 旅館 旦那の友達 パイズリ 保険レディ  ロリ巨乳 マネエージャー 従兄弟 BBQ 嫁の妹 女医 教習所 ド淫乱 彼氏の兄 寝取ら 

スポンサードリンク
おすすめリンク集
カテゴリ
最高の抜ける体験談
リンクバナー

アゲアゲあんてな



アダルトブログランキングへ


検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
アクセスランキング
プロフィール

color180

Author:color180
抜ける話を紹介するブログです。
当ブログでは相互リンク・相互RSSを随時受け付けております。
お気軽に下のメールフォームからお問い合わせください。
なお、当ブログにはアダルトな内容が含まれますので、18歳未満の方の閲覧は固くお断りしております。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
スポンサードリンク
ADエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。